コーヒー豆のひき方で味が変わる?おすすめのひき方をご紹介!

コーヒー豆のひき方で味が変わる?

お店で飲むようなコーヒーを自宅でも楽しみたいと思ったことはありませんか。きちんとした道具と手順さえあれば、自宅でもお店で出しているコーヒーのような美味しいコーヒーを飲むことが可能です。

本格的なコーヒーを自宅で淹れたいのであれば、コーヒー豆を自分でひくところからはじめましょう。コーヒー豆のひき方にはいくつもの種類がありますが、それぞれの豆に適したひき方をすることによって、より一層美味しいコーヒーを楽しめます。

そこで今回は、美味しいコーヒーを淹れるためのコーヒー豆のひき方についてご説明していきます。

コーヒー豆のひき方で気を付けたいこと

コーヒー豆をひく前に、いくつか確認しておきたいことがあります。

その都度、使う分だけひく

そもそも、コーヒー豆は、なぜひかなくてはいけないのでしょうか。なぜなら豆をひき、表面積を大きくすることによってコーヒーの成分を抽出することができるからです。

しかし豆をひいて表面積を多くするということは、空気に触れる面積が増え、酸化しやすくなります。コーヒー豆が酸化してしまうとコーヒーの味が変わってしまうため、必要な部だけを都度ひくようにしましょう。

ひき方で風味や味が全く違う

コーヒーはコーヒー豆の種類だけでなく、コーヒーのひき方によっても味が変わります。些細なことのように思えますが、コーヒー豆のひき方でガラリと味が変わることを覚えておきましょう。

コーヒー豆のひき方は5種類

コーヒー豆のひき方は主に5種類あります。5種類のひき方それぞれを簡単にご説明します。

極細びき

極細びきした粉は、上白糖ぐらいの粒の大きさで、パウダー状になっています。極細びきのコーヒー豆で淹れたコーヒーは苦味や深みがとても際立っているのが特徴です。

通常のコーヒーにはあまり使われることはなく、エスプレッソを淹れるときに使われます。

細びき

コーヒー豆を細びきにすると、グラニュー糖ほどの粒の大きさとなり、粒子が細かくなるという特徴があります。苦味とコクがやや強めになり、酸味はあまり感じられません。薄めのエスプレッソや水出しのコーヒーに利用されることが多いです。

中細びき

中細びきは、市販のレギュラーコーヒーにもっとも多いひき方です。苦味と酸味がバランスよく感じられるのが特徴で、ペーパードリップやコーヒーメーカーなどに使用されます。

もっとも一般的でメジャーなひき方といえるでしょう。

中びき

中びきにひいた粉は、ザラメとグラニュー糖の中間程度の大きさです。少し酸味がありさっぱりとした味わいで、サイフォンやネルドリップなどを使ってじっくりコーヒー抽出する淹れ方に適しています。

粗びき

粗びきはザラメほどの粒の大きさで、見た目にも粒が大きいことが確認できるでしょう。

粗びきで淹れたコーヒーは酸味が強く、ほとんど苦味がありません。 コーヒーの苦味が苦手な方やサラッとコーヒーを飲みたい方におすすめです。煮出しのコーヒーに用いられることもあります。

おすすめのコーヒー豆のひき方

コーヒー豆のひき方は5種類もあるので、いったいどのようなひき方をすればいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

どのひき方が一番美味しいと決まっている訳ではなく、自分が好きなコーヒーの味や、コーヒーを淹れる道具によってひき方を変えるのが一番適しています。

好みのコーヒーの味は?

まずは自分が好きなコーヒーの味を想像してみましょう。苦くて深みのある味わい好きな方は比較的細びきに近いものを選び、コーヒー独特の酸味が好きな方やさっぱりした味わいのコーヒーが好きな方は、粗びきを選ばれるといいでしょう 。

使っている器具は?

エスプレッソ専用の器具を使って抽出するのか、ペーパードリップかネルドリップか、コーヒーメーカーを使うのか、サイフォンを使うのか…それぞれの器具や抽出方法によって適した豆のひき方は異なります。

自分が持っている道具に適した豆の粗さを選ぶという方法もあります。

コーヒー豆の味との相性も大切

コーヒー豆は、それぞれ味が異なります。苦味が強い豆もあれば、酸味が強い豆もあります。

コーヒー豆を購入するときにおすすめのひき方がパッケージに書いてあったり、お店の方が説明してくれたりすることもあるでしょう。そのような助言を参考にして、いろいろなひき方を試し、ご自身の好みを探すのもおすすめです。

初心者におすすめのコーヒー豆のひき方は中細ひき

コーヒー豆をひいたことがない方や、コーヒー豆のひき方による味の違いがまだよくわからないという方は、まずは中細びきから試してみましょう。市販のレギュラーコーヒーのほとんどは中細びきで設定されているため、比較的どんな方にも飲みやすい味わいになります。

中細びきのコーヒーを飲んでみてから、自分の好みに合わせて豆のひき方を変えいくと、ご自身の好みがわかるでしょう。

まとめ

今回は、コーヒー豆のひき方についてご説明させていただきました。コーヒー豆のひき方を変えると、コーヒーの味はガラリと変化します 。自分でいろいろ変えて味の違いを楽しんでみるのも、コーヒーの楽しみ方の一つです。

「カフェ・ラ・タオ」では、世界のさまざまな種類のコーヒー豆を取りそろえています。通信販売も行っておりますので、コーヒー豆に興味がある方は、ぜひ一度サイトをご覧ください。