コーヒー豆の地域による味の違い!国別のコーヒーの味わいや特徴を比較

コーヒー豆の地域による味の違い!

コーヒー豆にはさまざまな種類があります。コーヒー豆は、大抵それぞれの地域の名前を用いている場合が多いです。コーヒー豆の産地として知られる有名な地域にアフリカがあります。アフリカ地方にあるの多くの国ではコーヒー豆が栽培されており、国の主要な財源となっています。

また赤道近くにあるコーヒーベルトと呼ばれるコーヒーの栽培が盛んな地域でも、美味しいコーヒーがたくさん作られているのです。

そこで今回は、コーヒーの地域による違いをそれぞれご説明させていただきます。アジア、南アフリカ、アフリカでのコーヒーを育てる環境や味の違いなどを比較してみましょう。

世界の地域によってコーヒーの味は変わる!

商業用コーヒー豆の種類は2種類

コーヒー豆にはたくさんの種類がありますが、商業用に使われているものはアラビカとカネフォラの2種類だけです。とくにアラビカ種はコーヒー単体としての飲料に適しています。

地域の環境によって味が変わる

コーヒー豆の香りや風味は、育った土や環境によって味が異なります。コーヒーの名称には、ブラジル、コロンビア、グアテマラなどの地域名がそのまま使われていたり、キリマンジャロやモカのようにそれぞれの国にある地名や山の名前から名づけられたりしています。

地域によって味が異なるため、それぞれのコーヒーの銘柄によって味の違いを楽しむのもコーヒーの楽しみ方のひとつです。

コーヒー豆の地域の違い①アジア圏

それでは、それぞれの産地で育ったコーヒーの特徴をご紹介していきましょう。

中国のコーヒー

中国といえばお茶の栽培が盛んに行われていますが、一部の地域ではコーヒーも作られています。とくに標高の高い地域はコーヒー栽培に適した環境です。

コーヒーの銘柄としては中国と呼ばれています。また、中国の中の育てられた地域が名称として記されている場合もあります。(例:雲南思芽(雲南省)など)

インドネシア

インドネシアもコーヒー栽培が盛んに行われている地域です。インドネシアはいくつもの島国から構成されており、世界で人気の高いコーヒー品種もたくさん生産されています。インドネシアで作られたアラビカ種の豆はマンデリンやアラビカという名前で親しまれています。

そのままコーヒーとして使用されるものもありますが、ブレンドに用いられるコーヒーも多く栽培されています。

オーストラリア

意外かもしれませんが、オーストラリアでもコーヒーは栽培されています。オーストラリアマリーバなどが有名で、生産地の名前が一緒に表記されていることが多い傾向にあります。

コーヒー豆の地域の違い③中南米

グアテマラ

メキシコの南に位置している中米・グアテマラはコーヒー豆の産地として有名な国です。山が多く険しい環境の国土ではぐくまれたコーヒー豆は、香り豊かで味わい深いものが多くなっています。ミクロクリマと呼ばれる産地ごとの微妙な気候の違いから、産地によって味の印象が大きく変わることが多いのも魅力です。

コロンビア

コロンビアコーヒーは世界的にも有名です。長らくブラジルとコーヒー豆の生産量を争ってきましたが、近年は東南アジア圏の躍進によって世界第4位の生産量に落ち着いています。酸味が強いもののクセは少ないので、ブレンドコーヒーによく使われています。

ブラジル

ブラジルは世界第1位のコーヒー豆の生産量を誇っています。世界全体のコーヒー豆のうち、およそ3割以上がブラジル産のものです。ブラジル産のコーヒーは酸味控えめで苦味もほどよく、とても飲みやすいところが特徴です。香りも甘く、コーヒーの入門編としても最適です。

コーヒー豆の地域の違い③アフリカ

タンザニア

タンザニアはコーヒー好きなら誰もが知っているキリマンジャロコーヒーが栽培されている地域です。タンザニア産のアラビカ豆はすべてキリマンジャロと呼んでいます。ただし、タンザニアと呼ばれる場合もあります。

同じキリマンジャロの中でも格付けがあり、ものによってそれぞれ味が少しずつ異なっているのが特徴です。どれも酸味とコクがあり、芳醇な風味を持っています。

ルワンダ

ルワンダでは輸入収入の50%をコーヒーが占めており、コーヒービジネスは社会的に大きな要となっています。ルワンダのコーヒーは甘くてフローラルな香りが特徴です。女性に好まれる味で、バランスが取れているため、とても飲みやすいという特徴があります。

ザンビア

ザンビアのコーヒーは他のアフリカのコーヒー豆とは違って柑橘系の味が口の中に広がり、パンチの効いた味わいが特徴のコーヒーでもあります。名前は国の名前であるザンビアと表記されることが多い傾向にあります。

コートジボワール

コートジボワールのコーヒーはアイボリーロブスターと呼ばれています。そのまま飲まれるわけではなく、ブレンド用のコーヒーやインスタントコーヒーに使用されることが多くなっています。香ばしさと苦味が特徴です。

ケニア

ケニアでもコーヒーが古くから栽培されており、国の重要な商業になっています。名前は国の名前から取りケニアと呼ばれています。はっきりとした酸味とコクがあるのが特徴です。

エチオピア

エチオピアはコーヒー発祥の地であるといわれています。エチオピアを起源として世界中にコーヒーが伝播していったと伝えられています。

エチオピアとイエメンで生産されたコーヒーは、地域の港にちなんでモカと呼ばれており、フルーティーで甘く柔らかな酸味があるのが特徴です。

まとめ

コーヒー豆の産地の違いは、風味や味に大きな違いをもたらします。商業用に用いられるコーヒー豆の種類は 2種類しかないのにも関わらず、育つ環境よって全く違った味わいになるのがコーヒーの面白いところです。それぞれの地域のコーヒー豆を比べてみて、味の利き比べをしてみても面白いかもしれません。

「カフェ・ラ・タオ」では、アフリカ地域をはじめとするさまざまな国のコーヒー豆を取りそろえております。コーヒーの栽培される地域による味の違いに興味のある方は、ぜひ当店のコーヒー豆をお買い求めください。ホームページには味の特徴も記載されていますのでぜひ参考にしてみてください。