コロンビアコーヒーとは?美味しい飲み方や特徴を詳しく解説!

コロンビアコーヒーとは?

コロンビアといえばコーヒー豆の産地と認識されている人も多いでしょう。知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、日本で人気の缶コーヒーであるエメラルドブレンドも、コロンビアコーヒーなのです。

みなさんはコロンビアコーヒーと聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか?「そういえば、馴染みがある名前なのに特徴はわからないな」という方も少なくありません。

そこで今回は、コーヒー豆の生産地であるコロンビアにスポットライトをあて、美味しい飲み方や味の特徴などを詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

コロンビアの生産地域によるコーヒー豆の違いや特徴

コロンビアは以下のようなコーヒー豆栽培に適した気候と立地で、世界でも有数のコーヒー豆産地です。

  • 水はけの良い好立地
  • 年間2000ミリにも及ぶ降雨量
  • 朝と夜で気温差が大きい環境

国の面積は日本のおよそ3倍にもなり、各地で季節の移り変わりがあるため、コロンビア全体で1年を通してコーヒー豆を収穫できるのが特徴です。

この項目では、コロンビアの中でも地域ごとに異なるコーヒー豆の特徴についてご紹介していきます。

北部

大まかな産地に、マグダレナ、カサナレ、サンタンデール、ノルテ デ サンタンデールなどがあります。標高が低く、高い温度で育てられるコロンビア北部のコーヒー豆にはストレスや負荷が大きくかかり、甘みを生成してくれるのです。そのため、コーヒー豆の味はコクがあり、酸味は柔らかになるという特徴があります。

中部

大まかな産地に、カルダス、キンディオ、リサラルダ、ノルテ・デ・ヴァジェ、アンティオキア、クンディナマルカ、ノルテ・デ・トリマがあります。雨季と乾季が交互にやってくるので、1年中新鮮でフレッシュな豆を収穫できるのが中部地方のメリットです。味はフルーティで南部と北部の間をとったバランスの良さが特徴です。

南部

赤道が近く気温が低い南部の地域には、ナリーニョ、カウカ、ウイラ、スール・デ・トリマなどがあります。標高が高いため、酸味のきいた柑橘系のようなスッキリとした味わいが特徴です。

第1シーズンでの収穫は9月から12 月、第2シーズンは4 月から6 月に行われ、ミタカとよばれています。

味以外にもさまざまな特徴が挙げられる

コロンビアは世界の中でもいわずと知れたコーヒー豆産地です。そのため、味以外にもコーヒー豆の特徴が非常に多いため、詳しくご紹介していきましょう。

専門機関によって保たれる高品質

コロンビアの農家は個人で営んでいる小さなところが多く、強い力を持っている訳ではありません。そのため、コロンビアの小さい農家が世界中の大企業と取引をするのはフェアでないという考えから、国では以下の機関を設けています。

  • ALMACAFÉ(アルマカフェ):コロンビアコーヒーの品質管理
  • BUENCAFÉ(ブエンカフェ):フリーズドライコーヒーの生産
  • CENICAFÉ(セニカフェ):科学研究・技術開発を通じた農業支援

このように国全体の支援やサポートがあって、コロンビアコーヒーの品質が保たれています。アルマカフェとブエンカフェでコーヒーの品質や状態の管理を行い、さらに、セニカフェという研究所の存在があることから、今後もコロンビアコーヒーはどんどん進化していくと考えられます。

コーヒー豆がコロンビアの国全体を支えている

コロンビアに住む全人口のうち、300万人もの人がコーヒー関連の仕事に従事しているといわれています。コロンビアではコーヒーが地域に根付き、人々の暮らしに密着しています。そのため、日々豊かな生産力を保ち、遠く離れた日本でも美味しいコーヒーを楽しむことができています。

コロンビアコーヒーの楽しみ方

最後に、コロンビアコーヒーの楽しみ方についてお伝えします。

焙煎は、苦みやコクを深く引き出せるミディアムローストからフルシティローストがおすすめです。このようなコクのある豆には、カカオの深みを感じるチョコレート菓子はもちろん、甘みの強いスイーツと合わせて楽しんでみるのも良いでしょう。

また、ナッツの香ばしい香りとの相性も抜群です。そのままではもちろん、ナッツ入りのチョコレートなども一緒に食べることでよりお互いの風味を楽しむことができますよ。

まとめ

今回はコロンビアコーヒーの特徴や楽しみ方を詳しく紹介しました。みなさんも、コロンビアコーヒーを飲んでみたいと感じていただけたのではないでしょうか。

コーヒーの世界は奥深く、一度はまってしまうとなかなか抜け出せない魅力が多くあります。「どんな味か気になる」「コロンビアをはじめ、いろんな味を試してみたい」という方は、ぜひ私たち「カフェ・ラ・タオ」にご相談ください。カフェ・ラ・タオでは、世界中のコーヒー豆を扱っております。

通販で全国への発送も可能ですので、今回紹介したコロンビアはもちろん気になる銘柄がありましたらお気軽にお問い合わせください。