ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク

マシンガントーク

ICT国際カフェテイスティング競技会2019

 

世界中の焙煎豆が東京に集結!


12月10日、11日の開催が近づいてまいりました。

“第11回 国際カフェテイスティング競技会2019 in Japan”

今年は6年ぶりに日本で開催されます。

“世界中の新しいコーヒーの品質を発掘”することを目的

毎年イタリアとアジアにて交互に開催している

焙煎豆の世界大会「国際カフェテイスティング競技会」



IIAC認定資格取得会員がブラインドテイスティングに

評価する焙煎豆が日本中、そして世界中から

ぞくぞくと届いている中、勿論タオのコーヒー豆を出品致しました。

 

今年は、どのような新しい焙煎豆が発掘され、

受賞されるのか楽しみですね。

テイスター審査員の皆様、バリスタ、サポーターの皆様

よろしくお願いいたします!w

 

ICT2019.jpg



また、今大会開催におきまして、多くの皆様のお力添えを

頂くことで成り立っております。

感謝ですね。



<ご協賛>※敬称略

株式会社エフ・エム・アイ

ラッキーコーヒーマシン株式会社

株式会社ディーシーエ

株式会社丸菱

CLUB HOUSE


 

<ご協力>

ネスレネスプレッソ株式会社

デロンギ・ジャパン株式会

株式会社ピーエスアイ

 

 

<後援>

在日イタリア大使館

イタリア文化会館

在日イタリア商工会議所   

 

 

 

 

 

Kumamotoに新たなる風を!

ついにOPENです!

2019112311505.jpg

先日、一緒にイタリアへ本物のエスプレッソ視察に同行された

植木温泉「ややの湯」の中村社長殿w

イタリア好きが、更にパワーアップされました。

マシンを触った初めての頃は「大丈夫?」と

不安な部分もございましたが

立派に成長され、素晴らしいCaffeを

抽出されるまでになりました。

 

そして、今日という日を迎えられました。

キース.jpg

ショット.jpg

カプチーノもだけど、是非espressoを飲んで欲しい。

そう語るバリスタさんにお会いしたい方は

是非、遊びに行ってあげてください。

たま〜に、僕もいます。w

 

柳や珈琲店 OPEN

11月中に来店されると

手作りスコーンが貰えるとか・・・

 

営業時間/9:00〜22:00

定休日/木曜日

 

そして、植木温泉は温泉もいいんですよね〜♪

英会話スクールクリスマスイベント

英会話を身近なものに。

〜Make English conversation familiar.〜

毎週火曜日の夕方に実施しております。

TAO CAFE英会話School!!!
 

Held every Tuesday evening.

TAO CAFE English School! ! !

 

英会話School.jpeg

より多くの方に英会話を楽しんで頂くために

先生がクリスマスイベントを開催されます。
 

In order for more people to enjoy English conversation

The teacher will hold a Christmas event.


お友達お誘い合せの上、是非参加されてください。

 

Please join us with your friends.

クリスマスイベント.jpg

 

旅日誌④イタリアの旅inイギリス/ドイツ・デュッセルドルフ編

最大のピンチ到来。

ヴェネチア国際空港には早めに到着。

順調に見えていた旅の終盤でアクシデント(未遂)w

 

「中村社長〜イタリアはどうでしたか?」

「はい、最高でしたね〜俺、イタリアがますます好きになりました」

「それは、良かった〜」

「ところで、マスター」

「はい」

「イタリアのお土産は、空港が最後ですよね?」

「はい、出国したらイタリアじゃなくなりますからね」

「じゃ空港でお土産を買います」

 

そんな感じで、パニーニでも食べながら

お土産屋さんに戻った。

ゆっくりしすぎたせいか?

結構、時間が押し迫っていましたが・・・・

お土産買う時間ぐらいあるだろうと

ショッピングをしていたら

空港中にアナウンスが流れました。

 

「Mr,NAKAMURA〜 Mr,SHIBAO〜 」

焦っているときに限って、レジに行列。

並んでいる人たちに事情を話し

少しずつ前に進み買い物を済ませた。

「社長!ぼく先に行って、飛行機止めておきます」

聞こえていたと思ったんだけど・・・

 

空港は大混雑。

人混みを掻き分け

出発口に行くと

ものすごく怒っている地上係員。

「Mr、NAKAMURA?Your FRIENDS????」

指差し、あっちです!

 

「Oh No! TIME OUT」

 

電話しろ!というジェスジャーを受けたので

中村社長に電話してみた。

 

「現在、電話の電源が切れているか・・・・」

 

その時は、焦って気づかなかったが

SIM交換されていたので電話番号変わっている。

それこそ、一番に聞いておかきゃいけない番号なのに・・・

 

「Oh No! TIME OUT」

 

もう一回言ったね!ほんと、終わりな感じがしていた時

人混みにゲートを探している中村氏を発見。

ここは、イタリア!

もう、恥ずかしいなんて言ってられない。

このたびで最も大きな声を出して叫んだ!

 

 

 

「な か む ら しゃちょ〜」

 

 

 

こちらに気づき

ギリギリ飛行機に乗ることができました。

「マスター置いていくんだもん」

あれ?やっぱり聞こえてなかったんだね。

あの時、止めてなかったら

 

想像すると

ゾッとしますが・・・・

 

 

無事に帰国できて本当に良かったです。www

 

注)飛行機に乗る前30分前までにゲートに向かいましょう。

 

 

 

初上陸ドイツ。。。

ブログのタイトルが意味不明なことになってますね。

 

 

 

 

 

ANAの飛行機が大好きで仕方ない。

イタリアが好きで何度も訪れたい。

となると、スターアライアンスの親分ルフトハンザのある

ドイツ経由というのが毎度のことなのですが

短い時間のトランジットタイムでは入国を試みてみることが

ありませんでした。

 

今回の旅でドイツに到着したのが午前11時。

夜8時のフライトまで、たっぷり時間がある。

TAXIで20分ほどのオールドタウン。

いざ初入国。

 

Düsseldorfを網羅するたび。

外気温3℃!この旅の最大の寒さ。顔が痛い。w

旧市街入口.jpeg

イギリス、イタリアとは、また違った雰囲気の建物。

旧市街を歩いてみることにしました。

なんだ?.jpeg

なんだ?この人だかりは???

みんな変な格好で変装しているぞ!

ハロウィンも終わったのに・・・・

 

ドイツ三大カーニバル都市! デュッセルドルフ

karneval1

クリスマスに次ぐドイツの冬の風物詩「カーニバル (Karneval)」は、

もともとはキリスト教の断食期間に入る前にたっぷり食べておこう!

ということで始まった行事。

ドイツのなかでもとくにカトリックの影響が強い地方の風習ですが、

いまでは宗教色は薄れ信仰に関わらず子どもも大人も一緒になって

お祭り騒ぎを楽しんでいます。

カーニバルシーズンに入るとみんな思い思いの仮装をして街へ繰り出し、

この時ばかりは無礼講! とばかりに飲んで歌って踊っての大騒ぎ!

なかでもカーニバル3大都市といわれるのがドイツ西部のケルン、デュッセルドルフ、マインツ。

これらの町ではカーニバルは「第五の季節」とされるほど重要なお祭りで、

人々のカーニバルにかける情熱は半端ではありません。

このカーニバルのために観光に訪れる人もいるぐらいの

内容なのに・・・・知らずにして満喫することができました。

みている方は寒かったけど

昼間っからお酒飲んで踊っているから

寒くないんでしょ〜ね〜www

この経験は、まさに奇跡でしょ????w

 

ジャガイモの国でもあります。.jpeg

ジャガイモの国でもあります。

フランクフルト.jpeg

ソーセージの国でもあります。

街角6.jpeg

街のいたるところにポテト屋が点在。

早速.jpeg

早速、本場のビール国を味わうことにw

ライン川.jpeg

旧市街に隣接してライン川も絶景です。

 

銀杏並木.jpeg

世界一美しいとされている銀杏並木。

世界一???若干微妙な感じはしましたが・・・

まぁ美しいですよね。w

旧市街から日本人.jpeg

旧市街地からヨーロッパ最大の日本人街の方へ進むと

名店「ブラウライ シューマッハ」

ウインナー.jpeg

何と言ってもこちらの中で激ウマなアルトビール。

アルトビール.jpeg

レストランを出て、空港に向かおうと思ったら・・・・

 

 

小雨・・・・

 

 

空港に着いた頃には、本降りに・・・・

 

 

 

 

帰る時まで雨に降らなかった。

 

ギリギリセーフwww

 

って感じでした。

 

 

 

旅の最後に・・・・

旅立つ前はヨーロッパは1週間、雨と言われていましたが・・・

本当に傘をさすこともない天候に恵まれ

最高の旅となりました。

 

イギリスの愛ちゃんに日本からの貴重な備品を運ぶことも出来たし

城島家にお邪魔させて頂き、パブ文化も堪能したし

オックスフォード大学にも潜入できたし。

この前なのに・・・相当前に行ったような気がします。

 

個人店のコーヒー店は、あまり存在していない印象。

 

 

 

イタリアでは、伊藤氏との再会は掛け替えのない財産となりました。

ミラノ中心の観光街だけではなく、通称「丸の内」も堪能でき

最高でした。ヴェネチアも沈んでいる姿を見ることができましたし

素晴らしい雑貨を買い付けてくることもできました。

何と言ってもバリスタの弟子、ややの湯中村社長に

素晴らしいエスプレッソ文化を一緒に共有できたこと。

同じ時間を過ごせたことが非常に考え深いものがありますね。

 

大手が太刀打ちできないほどの、個人バールが多く点在し

イタリア人たちの掛け替えのないシーンの中に根付いている。

目をひく名店があるという印象よりも

最低レベルの基準が高く、裏路地のタバコ屋バールでも

素晴らしいカップ(コーヒー)をたしなむことができます。

 

 

 

ついでで寄ったデュッセルドルフも

網羅することもできました。

世界第2位のコーヒー大国ですが

昨今の近代化で全自動式のマシンを使用した店が多く

コーヒーのクォリティーよりも水代わりに

飲んでいる印象でした。

 

最後になりましたが、ややの湯の女将さん!

タオのスタッフ、うちの奥さん。

この旅の実現に協力して頂き、本当にありがとうございました。

 

帰国した、我々は・・・

この旅の経験を生かし

熊本に更にエスプレッソ文化が浸透されるよう

全力で頑張って参ります。

言い方変えれば「馬車馬の如く働きます」www

 

本日も最後まで

ご観覧いただきまして

ありがとうございました。

 

PROBAT.jpeg

写真は、ドイツのカフェの焙煎機「PROBAT」。

旅日誌③〜イタリアヴェネチア編〜

初体験も多かった今回の旅 11/9,10,11

イタリアはエスプレッソだけでも

パスタだけでも、ピザだけでもなく

ジェラートも、スイーツも、パニーニも豊富で

空腹を満たすだけではなく

人を笑顔にしてくれます。

ジェラート.jpeg

ヤバス.jpeg

パニーニ.jpeg

昼過ぎにミラノを出発すると到着は夕方でした。

初めて高速列車「italo」で移動しましたが、快適すぎます。

乗り換えもなしで2時間ちょっとであっという間に到着しました。

日本より日が落ちるのは早い印象。チェックインを済ませ

サン・マルコ広場へ案内がてら歩くのですが、到着した頃は

真っ暗ですね。夜の街並みも美しい印象です。

夜ヴェニス.jpeg

満月がとても美しいですね〜〜〜〜

そんな呑気なことを言っていました。

まさか?とんでもないことになるとは・・・・

 

よし!ビールビール!

イタリアビール.jpeg

 

雨も降らず、初日のミッションは終了!・・・・

 

 

 

初体験。

今まで多くの仲間を連れてきた最も来ている街。

イタリアには今回で10回だけど、

その中でも最も訪れている「VENEZIA」は8回目!

大抵初日に街を案内をすると2日目は自由行動で

別々で自由行動にしております。

 

そう!!!私は、お仕事。

雑貨の買い付け。

 

早朝、目が覚めるとホテルの部屋の窓を開けて通りを見下ろした。

すると・・・・

浸かり始め.jpeg

以前、大雨の影響から浸水し踏み台の道を歩いたことは

あったのですが、沈み始めています。信じられないほどの晴れ間なのに。

初日に踏み台が準備してあったというか、前日までの大雨の影響から

「片付けていない」と思っていた。

もぉ〜片付けてない!イタリア人らしいんだから〜みたいな。

 

ちょっと、疑問に思ったことがある。

サン・マルコ広場は、どうなっているのだろうか???

途中.jpeg

道なりに進むに従い、段々と浸水が酷くなっている。

街の人.jpeg

歩く人たちも、靴がスッポリ入る

ビニールブーツのようなものを履いている人が多くなっている。

入り口.jpeg

じゃじゃ〜ん。

 

思った通りだ!嫌な予感が的中!

いや、想像もしていなかった!ということの方が

正直かもしれない。それほどの光景。

サン・マルコがこんな沈んでいるのを見るのは

ポスターでもあまりみない。

サン・マルコ.jpeg

これ美しいですか?やばいですか?

美しいんだけど、ヤバ目ですね。w

1m.jpeg

水位上昇中!奥の寺院も浸水していますね。

15.jpeg

注)

ちなみに街の入口では5€で買えるビニールブーツも

サン・マルコで買うと15€しちゃいます。

ガーデン.jpeg

そこまでして、テラス席がいいですか?w

買い付け.jpeg

買い付けに来たんだけど・・・・

閉まっているお店もある・・・

頑張っていいものを探していきまっす。

公衆トイレ5.jpeg

ちなみにイタリアでは公衆トイレも有料ですので

トイレ代より安いCAFFEを飲むことをお勧めします。

トイレ貸してくださりますよ!

 

いや〜いい経験をしました。

ヴェネチアの旅も最高にいいものでした。

夢のような1週間なんて、あっという間です。

中村社長にもイタリアの素晴らしさを存分に味わってもらったことだし

ドイツに寄り道して帰るとしま〜す。

 

帰国後こんなニュースが目に飛び込んできた。

「水の都」ベネチア 高潮で市内8割以上が浸水

イタリアのベネチアでは、ここ数日降り続いた雨の影響で、1メートル87センチの高潮を記録した。

これは1966年の記録に次ぐ2番目の高さで、過去50年では最も高いということ。

ベネチアのブルニャーロ市長は、記者会見を行い、市内の85%が浸水したほか、

ベネチアを象徴するサンマルコ大聖堂が浸水によって深刻な被害を受けたことを明らかにしました。

そのうえで、被害総額は日本円で数百億円に上るという見通しを示しました。

アドリア海に面するベネチアでは、例年11月から2月ごろまで低気圧の影響で高潮が発生しますが、

地下水のくみ上げによる地盤沈下や、地球温暖化による海面水位の上昇で、浸水の被害は深刻化していると指摘されています。

このため巨大な可動式の防潮堤の建設が16年前から進められていますが、

費用がかさんで工事が遅れていることから、今回の被害を受けて、地元では早期の完成を求める声が強まっています。

 

 

 

 

「この旅の最大のピンチ???」

次回は寄り道のドイツ編をお送りいたします。

最後までご観覧ありがとうございました。

 

旅日誌②〜イタリアミラノ編〜

濃厚なミラノの旅〜11/7,8,9

朝4時に見送ってくれた愛ちゃん!本当にありがとう。

イギリスからミラノ空港へ。

アリタリア.jpeg

何故?見覚えがない空間なのか?不思議な気持ちでした。

ミラノは陸路で移動することが多く

実はミラノ空港をあまり使用しない。

 

中央駅からミラノの中心街まで地下鉄で移動。

まずホテルに荷物を置きに行った。

ミラノホテル.jpeg

さぁ!俺たちの本物のエスプレッソを見つける旅が本格化した。

まずはIlly.jpeg

まずは、illy。

 

ミラノカツレツ.jpeg

ミラノカツレツ。

 

エスプレッソ.jpeg

エスプレッソ!!!!

 

ビール飲んだり.jpeg

ビール飲んだり〜

 

エスプレッソ!.jpeg

ESPRESSO!!!!!!!!!

 

く、くるしい。。。。w

 

老舗ジェラート.jpeg

老舗のジェラートショップ「LINZI」も忘れない。w

 

ざどーも.jpeg

安定の観光数はさすがです。

幸いなことに傘をささないでいいほどの天気でした。

今の所は順調です。

 

ミラノ2日目。

朝から大雨が降りました。

午前中は、中村社長がお仕事に行ったため

wi-fi環境のあるホテルで待機。

 

「ん?そう言えば・・・」

ミラノ在住の知人がいることを思い出した。

しかし、連絡先を持ってきていない。(会社にはある)

あ〜日本は夜中だし・・・嫁さん起こすわけいけないしな〜

調べようがない。

 

いや、諦めたくない!とネットで友人の連絡先を調べ

調べ、調べまくって、奇跡的に見つかり、

まさかの連絡が取ることが出来ました。

夕食をご一緒するお約束ができた。

 

そうこうしているうちに、思ったより早く

中村社長がホテルに戻ってきた。

 

ん〜仕事がうまくいかなかったのかな〜?

 

恐る恐る訪ねてみた。

 

 

 

バッチリうまく行きましたよ!

 

という回答から・・・

ほっとし、よし街に繰り出そう。

 

相変わらず二人は日本食が恋しくなっていない。

あんなに食べているのに・・・・w

 

 

最後の晩餐.jpeg

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会を訪れました。

そう、THE LUST SUPPER 最後の晩餐/L'Ultima Cenaの壁画を観に。

最後の晩餐.jpg

急遽予定を変更したので、半信半疑ではありましたが・・・

3週間先までsold outでした〜

前回はイキナリ行っても入れたんですけどね〜

将来、観に行きたい方は、予約することをお勧めします。

 

スターバックスミラノ店

1906年に開催されたミラノ万博博覧会。

正式に発表になったカフェエスプレッソ。

英国語でexpress/急行列車を意味する

espressoはもちろんイタリア人が開発しましたが

1970年にアメリカ人が自国シアトルに文化を持ち帰り

現在のスタバが誕生したのであります。

好きか嫌いかで言えば、大嫌いなスタバも

開業当時は影響を受けたのは、確か。

 

現在は、世界中で4万軒を超えたとか?

でも店舗展開できているのに、昨年末まで

イタリアには1軒も受けてれてもらえなかったんですよ。

等々イタリアにもできたスタバに行ってまいりました。

スタバミラノ.jpeg

ミラノのランドマークDUOMOのすぐ近く!場所は申し分ない。

ドリップコーナー.jpeg

店内は巨大な焙煎機を中心に

販売器具コーナー、ドリップコーナー、フードコーナー、

サイフォンコーナー、エスプレッソコーナーと

様々で多くの人で溢れかえっている。

イタリア人に受け入れたれたという印象より

アメリカ文化を受け入れた若者ぐらいで

ほとんどが観光客だ!w

偵察兼ねて、いっちょ飲んでみようと思って意気込んでいたのだけれども

ちっとも飲みたいという気持ちにならなかったことを

中村氏に伝えると・・・

 

「実は僕もそうなんですよ〜」

 

一通りトイレまで視察して何も買わず帰ってきてしまいました。w

すごさ.jpeg

トイレ.jpeg

世界最高峰のコーヒーチェーンを目の前にしても

イタリアのバールのすごさを肌で感じてきました。

なんなんでしょうね?

 

ミラノを歩きまくる。

「お腹すいたよね?」

「よし、バールに行きますか!」

吸い込まれるようにバールに入る。

エスプレッソも当然のことながら

料理もどこも美味しい。正直意味不明ですよ。イタリアくん。

パスタ.jpeg

巨大な公園.jpeg

巨大な公園を散歩しながら

隣町まで歩く、歩く、歩く。

路面電車.jpeg

途中で路面電車にも乗る。

丸の内.jpeg

僕たちが勝手に名付けた「丸の内」

まぁ東京で言えばオフィス街という意味なのだけど!

 

ミラノ中央駅付近は、面白いゾーンでもある。

第二次世界大戦後、ミラノも空襲にあったらしい。

生き残った道。焼け野原になったことで再開発が進んだ道。

2000年代から再開発された「丸の内」の隣には

歴史地区の1800年代の教会も並ぶ。その真ん中に

中央駅が1900年代のものがあるという。

ちょっとレベルが違いすぎてこれまた意味不明です。

 

掛け替えのない友人を訪ねて。

ミラノは、本当に歩きました。

途中でトイレ休憩も兼ねてエスプレッソも飲みまくりました。

時間になったので待ち合わせた古い路地の店に入りました。

ボンゴレ.jpeg

むちゃくちゃ写真を撮りまくって・・・

色々記録した筈なのに・・・

こちらの店やワインの写真が見当たらない。w

レストランには日本人観光客が店の評判を聞きつけ

大盛況である。なんでここに待ち合わせをしたのか?

 

そこで本題の再会した、友人はというと。。。。

 

IIAC国際カフェテイスティング協会のモジュール3を

受けに初めてイタリアを訪れた時に出会った通訳の

イトウイタル氏。

イトウイタル.jpg

第2回イタリアの旅でミラノを訪れた時もご自宅にお邪魔したこともあった。

第4回イタリアの旅の時にフィレンツェのイタリア最古の薬局で

ばったり会ったこともあった。

でも、最近はお会いしていませんでした。

きっとイタリアを代表するイタリア語と英語、また日本語との

通訳をされている。ボキャブラリーが深く、お話の内容が

面白すぎて、時間を忘れ盛り上がりました。

そして、今回も引っ越したばかりの新居へ招待してくださりました。

玄関.jpeg

まさかの待ち合わせレストランの目の前。

なるほど!近かったから、この店を待ち合わせにしたんですね?

伊藤氏いわく

「味覚が肥えているから日本人が多い店は美味しんだよ」

 

グルメでイタリア中の美味しいレストランで食事する

彼のアドバイスを今後役に立ててみたい。w

 

新居.jpeg

伊藤氏は、もともと美術を学ぶ為に訪れたイタリア。

世界中のお気に入りのコレクションたちが光る。

まるで、美術館のようだ!!!

養命酒.jpeg

ヴァッレ・サン・フェリーチェの小さな農園で作られた

ハーブ酒。ちょっと食べすぎた時にオススメだそうです。

日本で言うところの養命酒のような味わい。w

イトウイタル.jpeg

素晴らしい旅となりました。

伊藤さん、お邪魔しました。

 

話に夢中になっていたので

忘れていたのが、ホテルの門限。

 

地下鉄だと間に合わない!ということで

タクシーでホテルまで戻りました。

ほんと、ギリギリでした。

野宿せずに済んだ濃いすぎる1日でした。

 

いかがでしたか?

ミラノ編。短くしようと思っても

これが限界です。

ブログではご紹介できなかった写真の数々。

いつの日かご紹介できればと思います。

 

次回はイタリア後半のヴェネチア編をお送りいたします。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

旅日誌①〜イギリス編〜

ブログを楽しみにしてくださっているお客様へ

今回の旅を記録として残していきたい。

 

第9回マスターと行くイタリアの旅inイギリス

今回でイタリアへの渡航は10回目となります。

イタリア好きのキャラクターですが

近隣諸国に渡航したことがないのにも関わらず

イタリア好きを明言するのに違和感を感じ

イタリアと近隣諸国との旅にしてきた今回は

イギリス編です。w

天気予報では1週間「雨」マーク。

文章が読みづらいものにならぬよう

時間軸の中でイギリス編、イタリア編、ドイツ編の構成にしていきたい。

 

 

旅の切っ掛け!

今回の旅の目的は多数存在しますが

切っ掛けとなったのが、村田(城島)愛さんを訪ねて行く旅な訳です。

常連様の愛さんは、タオの多くのお客様のファンも多く

沢山の人に愛されてやみません。私もファンの一人でもあります。

香港にご夫婦を連れて行ったこともあります。w

そんな彼女がイギリスの大学の学者として

合格が決まった話を聞いて、私は決めました!

よし!愛に会いに行くぞ!と決心しました。w

 

人手不足で行けるかどうか心配ではありましたが

スタッフたちの協力頂きました。

また、営業時間縮小するなどして

お客様にもご迷惑をおかけいたしました。

そのおかげで素晴らしい旅の実現となりました。

 

旅のお供に・・・

利用する航空会社は、もちろんANA(スターアライアンス)

最高の旅にするために、より安心して移動まで楽しみたいのです。

旅の同行者、今回のパートナーは

今月の23日にコーヒー店を開業される

植木温泉「ややの湯」の代表/中村社長です。

本物のエスプレッソを掴み取る。感じてもらう。

私が多く語るよりも同行することで得られることも多いはずです。

野郎二人旅ではありますが、絆を深められる

そんな旅のスタートです。

 

イギリスの旅11/5、6

初のイギリスヒースロー空港。傘がいらないほどの霧雨。

バスターミナルで迎えに来てくれた愛ちゃんと再会しました。

二人.jpg

イギリスと言えば、PUB(パブ)文化です。

オックスフォードの旧市街地をブラブラしながらパブを見つけます。

Oxford.jpeg

PUB.jpeg

後払いのBAR(イタリアではバールと呼ぶ)と違い

パブでは注文の度にカウンターでお金を払います。

パブカウンター.jpeg

あいちゃんとも集合写真w

集合写真.jpeg

フランスや、イタリアと違い

食文化はあまり発達しておりません。

パブのおつまみもピザを用いたところが多く点在しております。

軽く食事を済ませ、2軒目にウヰスキーを飲みにいきました。

Oxfordの人気店.jpeg

こちらは、Oxfordでも一番人気のパブThe Four Candles

ん〜こんなコーヒー店を作りたい。w

中二階.jpeg

 

ほろ酔いの中、オックスフォード大学研究室に入ることも出来ました。

街全体が大学のようです。ん〜いちいちかっこいい!

貴重な体験です。

大学の中.jpeg

あいちゃんデスクでも盗撮w

盗撮.jpeg

 

パブ文化も気になりますが、床屋文化も1週間気になる。

バーバーがっこいいわ。元々は外科医が始めたとか?

バーバー.jpeg

 

今回イギリスの2日間城島家に泊めて頂きました。

ちびっこ2人とも少し大きくなってたわ〜

お父様、お母様も暖かく向かい入れてくれました。

 

移動疲れをグッスリとした睡眠をとることができて

体力が回復。w

いざ、文化視察のスタートです。

外国に住む人の家に入れることは貴重な体験です。

朝食までご馳走になり、まさに至れり尽くせりです。

朝食.jpeg

 

あいちゃんは、お仕事へ行きました。

 

「じゃ、ロンドンでも行かない?」

 

バスで2時間弱、天気予報は見事に外れ

雨は降っていない・・・・

ジェントルマンの街でも傘をさしている人はほぼいない。

コテコテだけどビックベン。

ビックベン.jpeg

ロンドンバスも、かっこよく演出してくれます。

工事中というのが残念ですが・・・

 

ウィリアム王子とキャサリン・ミドルトンの婚礼にも

使われたウェストミンスター寺院。

ウェストミンスター寺院.jpeg

 

コテコテ過ぎますが、広大な公園を抜け

バッキンガム宮殿も網羅して

バッキンガム宮殿.jpeg

くり.jpeg

 

せっかくならイギリス名物も食べてきました。

フィッシュ&チップスも食べてきましたよ。

ど〜ん。

もちろん、ビール付き。w

フィッシュ&チップス.jpeg

この段階では、ビールばかり飲んで

城島家にお土産で持って行ったタオのコーヒーしか飲んでないという。w

 

「お前ら、何しに行ったんだよ!本物のコーヒーの勉強に来たんじゃないか?」

 

そんな声が、日本から聞こえてくるようでしたが・・・・

本当に飲みたくなるようなカフェが存在しないのも事実。

紅茶って感じでもなく、イタリアかフランス系の大手カフェしか

点在していないのも勉強になりました。(言い訳)w

 

ビックベンが見れなかったので

街角にあったスモールベンの写真を撮ってオックスフォードに戻ります。

スモールベン.jpeg

 

バスの中で雨が降り出しました。

「あ〜やっぱりイタリアは雨かな〜」とか

話していましたが・・・・

奇跡的にオックスフォードに到着することには

雨は止んでいました。

 

オールドタウンも近代化の波が押し寄せ

最新のショッキングモールもありました。

ショッピングモール.jpeg

 

そして、忘れちゃいけないのが・・・・

 

パブw

 

最後のパブ.jpg

 

イギリスの空気を思いっきり吸い込んで

いよいよ、舞台はイタリアへ突入です。

深呼吸.jpg

長いの最後まで付き合ってくださり

ありがとうございます。

 

次回イタリア編は気が向いたら

なるべく忘れないうちに書きます。w

 

 

 

 

 

 

 

第2回/大人の鬼ごっこ「K-dOrO」ケイドロ参加者募集

日程が決まりました。

第1回を終えてみて、まだまだ課題は多く存在しますが

「また、開催してください!」という要望にお応えして・・・

 

第2回/大人の鬼ごっこ「K-dOrO」を開催することとなりました。

忙しい日常の中、時間を遊びお天道様の下で

思いっきり遊んでみませんか?

ケイドロ.jpg

keidoro.jpg

 

 

参加資格/(老若男女どなたでも参加できますが大人の方に限ります。)

参加費用/¥1000(スポーツ保険付き)

開催日時/2019年11月18日(月曜日)時間未定(後日正式に発表致します。)

開催場所/石神山公園/〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎3丁目56他

 

参加エントリーは、facebookより出来ます。

いいね!や興味ある!ボタンではエントリーになりません。

エントリーなしの参加は出来ませんので

必ずエントリーお願いします。

facebookをされていない方で、参加ご希望の方は、ご連絡ください。

ピクニック気分を味わうために

お弁当などの持ち込んだ後の

ゴミは各自で必ず持ち帰りましょう。

スポーツ保険などの手続きをする際に

ご連絡先が必要となります。

 

ポスター.jpg

 

あとは・・・

怪我のないように

本気で遊べ!

 

 

 

同時に協賛者大募集!

当日、参加者さんの前で

PRタイムなどを計画しております。

詳しくは、お尋ねください。

 

 

限定色のコマンダンテ登場!

2年待ちました。w

ドイツ製コマンダンテは、当店でもよく紹介しているから

ご存知な方も多くいると思う。

サードウェーブの影響でドリップが流行る時代は僕はどうかと思っているのだけれども

多くの人々が日常にコーヒーを取り入れてくれることに関しては

嬉しいのは嬉しい。

 

その時代の中で、スペシャルなグラインダーを開発しようと思った人が

いてくれたことにより、コマンダンテは誕生したのだから。

 

2016年の秋だっただろう?SCAJ(コーヒー業界の巨大イベント/東京ビックサイト)にて

コマンダンテがこの日本に入ってきました。

よく年、テレビ番組「マツコの知らない世界」で取り上げられ

また、多くの関係者が絶賛したことから

店頭はおろか、インターネットショッピングからも

在庫が消えてしまう事態になりました。

 

難しいのは、いつまで求められ

いつまで手に入らないか?

そこを見極めるのが本当に難しかった。

見事?といえば自画自賛だけれども

転売を目的とする悪徳業者も、一般ユーザーも

少しずつ落ち着いてきましたね。

まだまだ、法外ではありますが

手に入れられないこともなくなってきました。

タオはというと、2年も前から予約を入れるわけですよ。

在庫がなくなってから、注文していては

他の店に多く取られちゃいますから、先手先手を打ち

合計8回、「今回は全色〜」「今回は売れ筋のウェンジとアメリカンチェリー」などと

考えて発注を出してきました。

そんな時に、日本で(まぁ世界でもでしょうが)たくさんお求め頂いている

お礼みたいな企画で「日本限定色」を出そうという内容の情報が飛び込んできました。

もちろん、乗らないわけがありません。

ウルトラマリン(ブルー)とチェリーブロッソ(ピンク)が限定で各色50本ときましたら

うちも勇気を出して1割の5本ずつ入荷希望を出し、発注致しました。

苦節w

 

既に1本ずつは販売が終了いたしましたので

残りの本数ではございますが

このブログを読んでくださっているコーヒーを愛して止まない方に

お譲りしたいと思います。

まずは「ULTRA MARINE」/ブルー

箱ブルー.jpg

COMANDANTE.jpg

手触りはマット加工してあり手にフィットします。

限定マリンブルー.jpg

限定色オリジナルのデザインも施してある。

 

そして「Cherry Blosso」/ピンク

SAKURA.jpg

光沢のある塗装は鋭さというより

可愛らしい印象を受けます。

Cherry Blosso.jpg

もちろん、ピンクにもデザインが施してあります。

Sakuraピンク.jpg

 

今回通常版では見られなかったおまけもついている。

コマンダンテ.jpg

ステッカーもついてきます。

コマンダンテ限定.jpg

 

その他、限定版じゃなくても

通常版も若干数在庫ございますので

この機会に是非ともお求めくださいませ。

インターネットの場合には9/30の午前中までの

ご注文は8%、それ以降になりますと10%になりますので

お早めに!

LaMarzocco.jpg

https://www.tao.co.jp/shop/products/list.php?category_id=34

坊ちゃんブレンド誕生秘話。

マニアックなお客様が続々登場。

皆さま、コーヒーライフは楽しんでおられますか?

はい。私は楽しんでおります。w

コーヒーを楽しむにも色々な楽しみ方もありますし

人それぞれ、位置関係も違ってくると思います。

そんな中、中毒に侵され、マニアックにコーヒーを

愛する人たちがいます。そんな人のことを

COFFEE MANIAと言うだろう。

 

私たちが忘れることの出来ない東日本大震災2011年3月11日。

その爪痕は、今もなお回復しきれていない。

熊本の中からもボランティアに駆けつけるものもいたと言う。

U市にお住いのS氏は、マニアックにもアルピナを当店でご購入してくれていた。

現物1台の超レアものをゲットされたのだから

私としても忘れるはずがない。

地元からCOMANDANTEを1番に買われたU氏。

僕が店に到着する前に買いに来られ、待たせていた

経緯もあるので、忘れるはずがない。

N村のK氏。イギリスのハンドエスプレッソマシンとCOMANDANTEを

ご購入してくれました。名前を、ず〜と江藤さんと間違えていた他は

忘れるわけがない。

 

それぞれ、マニアックではあるが

共通することなど他にないと思い込んでいた。

それすら考えてもなかったに違いない。

 

とある時に、満席の店舗に同じテーブルで3名座っておられた。

 

「ん?」

 

正直、驚きを隠せなかった。

皆さん、知り合いですか?

 

一人のU氏が口を開く。

 

「昔から知り合いというわけじゃないです。」

 

広島で大雨による水害があればボランティアに行き

絆を深めたという。本当のところは知らないが本当に

強い絆だろう。共通の趣味はキャンプ。

全国の特に九州の食材への関心は強く

そして、詳しい。肉は佐賀の伊万里牛が美味しいよ!とか

一番驚いたというか・・・

 

皆さまの共通項。そして、そこに一緒に座っている

理由がびっくりだ!

 

私たち、キャンプには色々な拘りの食材を持ち込みます。

道具も拘ります。最後に追求するなら

食後のコーヒーなんですよ〜!

食後のコーヒーはどこの豆が好き?って話になった時に

植木のTAO CAFEだろ〜って話になって

今、ここに座っています!って言われた。

 

以前から、それぞれ店舗に来られている常連さまということは

知っていたが、本当に驚きでしかない。

 

そんな中、福島にも同業種なのか?知り合いなのか?

身内なのか?存じてないですが・・・・

「熊本にやばいコーヒーを出すところがあるから来ませんか?」とやってきたのが

数年前、世界最強の手動ミル、ドイツ製のCOMANDANTEを2台買うほど

マニアックすぎるお知り合い。w

LA MARZOCCO VEVAが導入されたことを聞き

福島からやってこられました。

その頃、ちょうどLEVAで本当にVSTフィルターがいいのか?

IMSとの違いを検証していた時期ということもあり

エスプレッソを提供すると説明してあげました。

 

若干、不機嫌そうな、その姿。

 

いや、マスター!説明はいいけど確認しないと!

IMSからVSTフィルターに変え、もう一度エスプレッソを提供いたしました。

 

 

 

「ぬヌぬヌァ〜んと!ちちち・・・・違う!全く違う!」

 

ということで、私のコーヒーの更に虜になって

お土産にコーヒー豆を買って帰られました。

 

数日後、あのコーヒーは何か!

やばいじゃないか!

他のが飲めなくなったじゃないか!

今回のために特別に少量6袋焙煎した

5袋をご購入。定期購入してくれることになりました。

 

98点だった、そのブレンドを

更にポテンシャルを高め、完璧な状態に仕上げたのが

そう「坊ちゃんブレンド」なのです。

濃い目にドリップすると砂糖を入れたような甘みが広がり

深煎りなのに香りが高く、そのあとの生活の中にも

いちいち出てくる存在感でございます。

 

お坊さん.jpg

 

毎度あり〜

 

坊ちゃんとは/ぼっちゃんじゃないです。w

名指しするな!と言われるので、これ以上は・・・・(謎)

 

※中毒性が高いので飲み過ぎには気をつけましょう。