ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>坊ちゃんブレンド誕生秘話。
マシンガントーク

坊ちゃんブレンド誕生秘話。

マニアックなお客様が続々登場。

皆さま、コーヒーライフは楽しんでおられますか?

はい。私は楽しんでおります。w

コーヒーを楽しむにも色々な楽しみ方もありますし

人それぞれ、位置関係も違ってくると思います。

そんな中、中毒に侵され、マニアックにコーヒーを

愛する人たちがいます。そんな人のことを

COFFEE MANIAと言うだろう。

 

私たちが忘れることの出来ない東日本大震災2011年3月11日。

その爪痕は、今もなお回復しきれていない。

熊本の中からもボランティアに駆けつけるものもいたと言う。

U市にお住いのS氏は、マニアックにもアルピナを当店でご購入してくれていた。

現物1台の超レアものをゲットされたのだから

私としても忘れるはずがない。

地元からCOMANDANTEを1番に買われたU氏。

僕が店に到着する前に買いに来られ、待たせていた

経緯もあるので、忘れるはずがない。

N村のK氏。イギリスのハンドエスプレッソマシンとCOMANDANTEを

ご購入してくれました。名前を、ず〜と江藤さんと間違えていた他は

忘れるわけがない。

 

それぞれ、マニアックではあるが

共通することなど他にないと思い込んでいた。

それすら考えてもなかったに違いない。

 

とある時に、満席の店舗に同じテーブルで3名座っておられた。

 

「ん?」

 

正直、驚きを隠せなかった。

皆さん、知り合いですか?

 

一人のU氏が口を開く。

 

「昔から知り合いというわけじゃないです。」

 

広島で大雨による水害があればボランティアに行き

絆を深めたという。本当のところは知らないが本当に

強い絆だろう。共通の趣味はキャンプ。

全国の特に九州の食材への関心は強く

そして、詳しい。肉は佐賀の伊万里牛が美味しいよ!とか

一番驚いたというか・・・

 

皆さまの共通項。そして、そこに一緒に座っている

理由がびっくりだ!

 

私たち、キャンプには色々な拘りの食材を持ち込みます。

道具も拘ります。最後に追求するなら

食後のコーヒーなんですよ〜!

食後のコーヒーはどこの豆が好き?って話になった時に

植木のTAO CAFEだろ〜って話になって

今、ここに座っています!って言われた。

 

以前から、それぞれ店舗に来られている常連さまということは

知っていたが、本当に驚きでしかない。

 

そんな中、福島にも同業種なのか?知り合いなのか?

身内なのか?存じてないですが・・・・

「熊本にやばいコーヒーを出すところがあるから来ませんか?」とやってきたのが

数年前、世界最強の手動ミル、ドイツ製のCOMANDANTEを2台買うほど

マニアックすぎるお知り合い。w

LA MARZOCCO VEVAが導入されたことを聞き

福島からやってこられました。

その頃、ちょうどLEVAで本当にVSTフィルターがいいのか?

IMSとの違いを検証していた時期ということもあり

エスプレッソを提供すると説明してあげました。

 

若干、不機嫌そうな、その姿。

 

いや、マスター!説明はいいけど確認しないと!

IMSからVSTフィルターに変え、もう一度エスプレッソを提供いたしました。

 

 

 

「ぬヌぬヌァ〜んと!ちちち・・・・違う!全く違う!」

 

ということで、私のコーヒーの更に虜になって

お土産にコーヒー豆を買って帰られました。

 

数日後、あのコーヒーは何か!

やばいじゃないか!

他のが飲めなくなったじゃないか!

今回のために特別に少量6袋焙煎した

5袋をご購入。定期購入してくれることになりました。

 

98点だった、そのブレンドを

更にポテンシャルを高め、完璧な状態に仕上げたのが

そう「坊ちゃんブレンド」なのです。

濃い目にドリップすると砂糖を入れたような甘みが広がり

深煎りなのに香りが高く、そのあとの生活の中にも

いちいち出てくる存在感でございます。

 

お坊さん.jpg

 

毎度あり〜

 

坊ちゃんとは/ぼっちゃんじゃないです。w

名指しするな!と言われるので、これ以上は・・・・(謎)

 

※中毒性が高いので飲み過ぎには気をつけましょう。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/602