ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>こんな時代だから知足天・・・
マシンガントーク

こんな時代だから知足天・・・

北海道で発生した地震及び台風21号の影響

この度の台風21号、北海道での地震により被害を受けられました

地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

皆様のご安全と1日も早い復興をお祈り申し上げます。
 

知足天

今、CDのアルバム制作の為に曲を編集し直しておますが、最終曲に「知足」という

曲を書き下ろした。禅語から用いた言葉です。

「知足の人は地上に臥(ふ)すと雖(いえど)も、なお安楽なりとす。

不知足の者は、天堂に処(しょ)すと雖も亦意(またこころ)に称(かな)わず。

不知足の者は、富めりと雖も而も貧し。」『仏遺教経(ぶつゆいきょうぎょう)』

 

足るを知る者は地べたに寝るような生活であっても幸せを実感できるが、

足るを知らない者は、天にある宮殿のような所に住んでいても満足できない。

足ることを知らない者はいくら裕福であっても心は貧しい。

 

毎年、山鹿灯籠祭りが過ぎると今までの暑さが嘘だったように爽やかな晴天が続きます。

今年の夏はいつになく猛暑が続き、「節電」の掛け声も

かしましく、一層暑苦しさを感じる夏でした。

そんな中、私は、改めて「知足」という言葉の意味を考えさせられました。

 

各家庭にクーラーが普及し始めたのはそれほど昔のことではありません。

しかし、今ではクーラーのない生活は考えられないほどに普及しています。

そしてその設定温度に気をも揉むようになりました。

より涼しくとの欲望が知らぬまに私たちを支配してしまっています。

この世で、私たちは『もっと、もっと』と物理的・現世的な

功利を求めて奔走するようになってしまってはいないでしょうか。

知足とは「あるものでがまんする」という意味ではなく

「そこにある物の中に積極的に喜びを見いだす」という生き方でしょう。

言ってみれば「知楽」楽しみを知る生活こそが「足るを知る者は富む」との本意でしょう。
 

「執着ってなんで生まれるのだろう?」

辞書で調べると

執着とは・・「一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。」

と書かれています。



自己啓発から宗教まで「執着を手放す」という言葉がよく使われますし、

これができれば現状、状況が変わる。と言われています。


その方法として、退行催眠や瞑想、カウンセリング等があると思います。

私も瞑想(マインドフルネス)はしていますので全てに否定はしません。


そもそも、「執着」を持っている状態にフォーカスすると

「今、変化をしたくない状態」ではないでしょうか?


・今まで時間をかけてやってきたことをゼロに戻す又は内容を変える

・思い出のある置物やプレゼントを処分する

・5大欲と言われるもの、お金、異性、食、名誉名声、睡眠など

・自分の見解や持論や我論

・儀式や儀礼への思い込みによるもの


書き出してみたらこれらが「執着」に関わるものです。



「今、変化をしたくない状態」=「執着」であるのなら

「変化をしたくない」から「執着」が生まれるのです。



「変化をする恐怖や不安」が「変化をさせたくない」に変わると

それが言葉になって、「俺はこれでいい」という風になります。


では、「変化をする恐怖や不安」を失くせばいいのです。

「変化しない恐怖や不安」の方が大きいのであれば

「執着」は生まれにくいかもしれません。




でも、もっと素晴らしいのが

「変化を楽しむ」が最高ですよね。



でも、いきなりは難しいでしょう。

だから、「変化をしない恐怖や不安」を作るために

本を読む、人から話を聞く、時代の変化や移り変わりを肌で感じる。

たったそれだけで、「執着」というものが減ります。



右脳人間よりも左脳人間はそうした方がいいでしょう。

その先にあるのが、「変化を楽しむ」です。





まとめると・・・

「変化をしたくない」から「執着が生まれる」=「変化することへの恐怖や不安」がある状態

その状態の人に「変化を起こそう!」と言われてもハードルが高すぎるので

「変化しないと損だ」「変化しないほうがリスクがある」ということを教えてあげる。

何故ならばこうだからという時代の流れ、人の体験、考え方をインプットする。

「変化してもいいんじゃないか」というマインド作る。

「変わっていく自分が楽しい、ワクワクする」という流れが生まれる。

そんな簡単じゃないかもしれないが、自分自身の状態をちょっとした意識で変えるだけで色んなことが変わります。

その根本が、人からの情報や対話なんです。

今悩んでいるなら、もっと人と会おう!まったく違う業種の人と絡もう。

という意識で過ごすと望まれる環境変化を体験できるかもしれません。
 

知足天.jpg

 

人は、水を入れるグラスを大きくするから

なかなか満タンにならず、幸せを感じれないのかもしれません。

多分、生きるとは満水にすることを目指しているのかもしれませんね。




2018年【9月のリズム】 9/8~


≪M+≫ 整理年-浪費月

総合タイトル「何かと裏目に出る月」

内側から湧き上がるような意欲に従ってあれこれ手を出しても、

納得のいく成果を得ることが出来ません。

今は目新しい考えにシフトしたり何かに挑戦するよりも、これまで地道に

続けてきた努力の方向性を変えずにさらに積み重ねていきましょう。

 

克服ポイント:力を蓄えること

恋愛運タイトル「ゆっくり充電する月」

積極的に会いに行くより、距離を取りつつも気持ちを育みましょう。

 

成就ポイント:デートよりメールを増やすこと

仕事運タイトル「焦点を定める月」

むやみに突き進まず、明確な目標を持ってビジネスに取り組めば運が上がります。

 

加速ポイント:ポジティブ思考

 

 



最近、体調不良者をよく見かけます。

東洋医学で言えば、体調を整えるのに

絶好の季節だそうですので

健康管理に気をつけていきたいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/472