ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>イタリア料理を学ぶという口実。〜其の3〜
マシンガントーク

イタリア料理を学ぶという口実。〜其の3〜

胸もお腹もいっぱいなんだけど。

帰りにピザを食べに行くことにした。

PIZZERIA DA GIORGIO

行橋市に存在するピッツェリア。

PIZZERIA DA GIORGIO.jpg

何と言っても正面の「でっかい」釜が目印だ!

ピザ職人.jpg

ピザ職人の若者と交流を深めることができた。

彼は、6年にわたり修行を重ね

4年前から店を開業したという。

 

印象的な言葉をいただきました。

 

「ピザは生地の出来ぐあいで味が変わる」

 

生地が上手くいかない日は

どんなに焼きでカバーしても

極上の味わいにはならない。

 

逆も言えるそうだ!生地が上手くいけば

大げさな話、誰が焼いても

むちゃくちゃ美味いピザが焼けるという。

 

彼の店では天然酵母を使用しているので

毎日、生地作りに奮闘している。

それが楽しいのだという。

 

根っからピッツアが好きなのだろう。

その情熱に私も心を打たれました。

 

 

 

前菜.jpg

前菜も美味い具合の施しがなされていた。

 

pizza.jpg

で〜た〜!!!(笑)

 

 

 

 

 

 

苦しい.jpg

く、苦しいけど食べるそうです。(笑)

 

 

 

 

 

スタッフたちへのお持ち帰りも

スタッフ.jpg

公式HPへ飛びます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄は熱いうちに打て。

社に戻ると「鉄は熱いうちに打て」と

ご教授頂いたヒントから焙煎してみました。

 

多少の微調整は必要ですが、手応えを感じました。

ワクワクが止まらない。

 

開業して20年。

正直、シフトがきついと思ったことは

何百回もあるけど、焙煎をしたくない!と

思ったことは1度もない。多分、焙煎という

仕事が大好きなのだと思う。毎回、焙煎機の前で

珈琲に向き合う自分が好きです。(笑)

 

完璧に焼き上げた豆の試飲を

していただくために、近々、先生のところへ

こまめに行こうと思います。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/229