ベトナム アラビカG-1 エバーグリーン

《ベトナムってどんな国?》
正式名称、ベトナム社会主義共和国。人口8500万人、主要な産業は、農林水産業や鉱業、軽工業ですが、最近は他のアジアの新興国と同様、経済発展の目覚しい国です。
過去、何度か戦火に見舞われましたが、ベトナム戦争後の1976年に南北統一がされ、現在の国名になりました。

原産国 ベトナム
甘味 ★★★★
酸味 ★★★
苦味 ★★★
香り ★★
コク ★★★

ベトナムのコーヒー豆の特徴

《世界第二位のコーヒー生産量》
コーヒー栽培は、1999年度にはインドネシアを抜いて世界最大のカネフォーラコーヒー生産国になりました。【珈琲の3大品種(アラビカ、カネフォーラ(ロブスタ)、リベリカ)の1種。香味はアラビカ種に比べて落ちるが、病害虫に強く、悪環境下でも育てやすい。インスタントコーヒーや缶コーヒーに広く使われる。】アラビカコーヒーを含めてもブラジルに次、世界第二位です。
【同じく3大品種の1種。香味が優れていてグルメコーヒーとして流通しているが、病害虫に弱く、一定の気候の高地でないと栽培が難しい。】

約14万のコーヒー農園があります。個人の小規模農園は0.5ha~3ha程の広さですが、これらは、フランスの植民地時代の大規模農園が分割されて作られたもので、これらの小規模農園は全体の90%を構成しています。それらは全て共同化され、協同組合や国営農園になっています。

ベトナムで生産されているコーヒーの大部分(98%)はロブスタコーヒーです。アラビカコーヒーは生産量全体の1%以下と少ないながらも生産されており、これは、19世紀に宣教師によってアンナンにもたらされ、その後1935年にコーチン・シナに、1955年にトンキンにもたらされました。
《希少性の高い珈琲》
アラビカコーヒーはウォッシュド(水洗式)で精製されます。乾燥はほとんど地面で天日により行われています。豆はミディアムサイズで、色はライトグリーンであり、水分を過剰に含む傾向があります。
実は、多くのウォッシュドアラビカコーヒー品質は平凡で、カップ味がクリーンでない場合がありますが、その中で特に品質が良いものだけを集めたのが、この珈琲です。たいへん希少性が高い珈琲で、マイルドで飲みやすく上品な香味があります。当店では、今までベトナムの珈琲を扱っておりませんでしたが、アラビカ種が比較的安定的入荷できるようになったため、今年はアイスコーヒーとしても使用できるように深煎りに焙煎しております。
 

NEW
ベトナム アラビカG-1 エバーグリーン
商品コード: s018a100g~s018c500g

100g: ¥728(税込)
200g: ¥1296(税込)
500g: ¥2672(税込)

関連カテゴリ:
コーヒー豆
コーヒー豆 > ストレート
販売価格:741~2,721
ポイント:6~24Pt
豆の状態
内容量
数量
在庫
有り