ホーム>オンラインショップ>コーヒー豆>ストレート>ブルーマウンテンNo.1 クライスデール

ブルーマウンテンNo.1 クライスデール

アロマ、ボディー、アシディティーの絶妙なバランスがブルーマウンテンの特徴であり、
キング・オブ・コーヒーと言われる由縁で、まろやかな甘味の残る後味は、
他のコーヒーの追随を許しません。

原産国 ジャマイカ
甘味 ★★★
酸味 ★★★
苦味 ★★★
香り ★★★
コク ★★★

ブルーマウンテンのコーヒー豆の特徴

クライスデール地区は、セントアンドリュー教区内の平均標高1000m~1250mにあり、
ブルーマウンテンコーヒーの生産地の中央に位置しています。故に、「ザ・ハート・オブ・ザ・ブルーマウンテン」と呼ばれ、近くには国内最大の国立公園と森林保護区であるグランドリッジがあります。

クライスデール農園は、1800年ジャマイカに旅行でやってきて好きになり土地に永住することになった
英国人コリン・マクラーティー博士によって創設され、コーヒーを商業ベースで生産した最初の農園の
ひとつで、当時の教区名はポートロイヤルであり、その後セントアンドリューに変更されました。  

この地区で生産されるコーヒーの品質がいいことに気づいた農民たちは、
マクラーティー博士に続けとばかり、クライスデール農園の近隣にコーヒーを栽培し始めました。
こうしてクライスデール地区のコーヒー栽培は広がりクライスデール農園のコーヒーは1800年代始めにはすでに輸出されていました。         

現在、クライスデール農園は運営はされていませんが、当時の精製工場、乾燥場、水車は200年経った今も現存しています。
かつてハネムーンの常宿だった工場に隣接するクライスデール・グレート・ハウスは、国家遺産としてジャマイカ政府によって指定されています。

クライスデール地区の生産者は、ティピカ種の素晴らしいコーヒーを作り続けて、クライスデール・ブランドはこの地区で収穫されたブルーマウンテンです。

《ジャマイカコーヒーとは》
ジャマイカコーヒーという名前はあまり知られていない名前だと思います。ジャマイカコーヒーは一般的に、ブルーマウンテンコーヒーという名で知られています。おいしいコーヒーの代名詞として有名ですね。
ジャマイカは1494年にコロンブスが見つけた、カリブ海に浮かぶ兵庫県よりも少し大きい島国です。

《ジャマイカコーヒーの味の特徴》
繊細な味で香りが高いのが特徴です。そのため、香りが弱い他の豆とブレンドされることが多い品種です。際だつ甘味と調和の取れた酸味が特徴です。後味にまろやかな甘味の残ります。
コーヒーの王様と呼ばれ、麻袋ではなく樽詰めで輸出されます。

《ブルーマウンテンの樽の話》
ブルーマウンテンはコーヒーの中でも、唯一樽詰めで輸出されます。18世紀中頃からイギリスの植民地時代に、イギリスからの小麦粉などの空いた樽をリサイクルし、ラム酒やコーヒーなどを入れて出荷したのが始まりとされています。

ブルーマウンテンの樽の木材は、アメリカの温帯林のもので匂いがありません。木が内外の湿気を吸収・放出するため内部の変化を与えず、輸送時に発生する急激な温度の変化を緩和します。これが樽に詰めることのメリットです。
手間やコストが掛かりますが、最高級コーヒーの品質を保持するために、樽は重要な役割を果たしています。

《ジャマイカコーヒーの栽培状況》
コーヒー農園はブルーマウンテンの急峻な斜面にあります。急峻な斜面は水はけが良く、コーヒーの木の成長に適しています。
島のブルーマウンテン山脈の標高800m~1200mの限られた地域で栽培されています。
急斜面での栽培や収穫はすべて手作業で行われます。高い品質を維持するため、完熟した赤い実だけを1粒ずつ手で摘み取ります。
生産量が限られる希少価値が高いコーヒーとされる理由はここにあります。

《ブルーマウンテンの産地の特徴》
国土の80%が山地になっており、その最高峰が標高2256mのブルーマウンテンです。全体的に亜熱帯海洋性気候となり、日光と雨や濃霧、昼夜の温度差が特徴です。
土壌や日中寒暖差、雨量、栽培高度が良質のコーヒーの栽培条件ですが、この栽培環境はその条件が見事に整っています。

《NO.1の品質検査》
最低3人の国家資格を持つ検査官によって6項目の味覚鑑定が行われ、合格したものが認められます。その検査でNo.1の称号が得られるのは僅か3割程度です。
6項目の味覚鑑定内容

    香り
    酸味
    炒りあがり
    コク
    後味
    雑実・異味

《「ブルーマウンテン」世界一のコーヒー裏話》
日本に初めて入荷されたのは昭和12年頃で、当時はとても高額な取引でした。取引量はほんの僅かな量でした。コストがかかるため高い価格で売るべく考えたキャッチフレーズが”英国王室御用達”でした。
ジャマイカは当時イギリス領という政治的背景もあり、当然ジャマイカコーヒーもイギリス王室が飲んでいると勝手に想像しました。そしてこの宣伝文句がヒットし、人気が爆発したようです。
 

商品コード:s004a100g~s04b200g
ブルーマウンテンNo.1 クライスデール

100g: ¥1554(税込)
200g: ¥2808(税込)
500g: ¥5766(税込)

通常価格:4,536~12,960(税込)
販売価格:¥1,554~5,766(税込)
ポイント:14~53Pt
関連カテゴリ:
コーヒー豆
コーヒー豆 > ストレート
豆の状態:
内容量:
数量:
在庫: 有り
カゴに入れる
問い合わせる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む