ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>2020年3月

2020年3月

マスターyoutuberページ(目次)

作詞家大募集

お気軽にお問い合わせください。

 

毎週木曜日随時更新致します。

5月末までにチャンネル登録数が1000人に到達させます。w

コーヒー講座なども開催予定です。

頑張ってチャンネル自体を進化させてまいります。

 

日に日に登録者数増えておりますが

まだの方、チャンネル登録お願いします。www

https://www.youtube.com/user/inasefilm

現在、作曲をし始めて875曲までになりました。

作詞を2月から始めました。

・マスターによるコーヒー講座①(6/4開催予定)

リクエスト承っております。

マスターにこんなことして欲しい!ください。w

 

・Wedding dress feat 巡音ルカ/作詞提供:泉 ゆかり(5/28配信予定)

2019年にリリースしたCD「CARMEL FOREST」より

ウェディングドレスデザイン&制作、楽曲提供に加え

披露宴で使用されましたエンドロール作成も担当させて頂きました。

 

・俺の胸で眠れ!feat アルスロイド(5/21配信予定)

意味深な歌詞は、創造性豊かにしてくれる?はず。w

どこか、懐かしいメロディーが大好きです。

 

・breakthrough feat 巡音ルカ/作詞提供:泉ゆかり(5/14配信予定)

ノリノリに仕上げています。もともと「ハモリ」が多かったのですが

ベストな具合にしました。サビの「ブレイクスルー」って

カタカナにすると実は難しくて

ルカちゃんに「ブレエクスルー」と言わせるか

ギリギリまで迷いました。

「ブレイクスルー」と歌って頂きました。w

 

・何もない記念日 feat巡音ルカ(5/7配信予定)

「バラードは作れないの?」の一言で生まれた曲。

結婚式のエンドロールに使用してほしい。

 

・さよならピース feat 巡音ルカ(4/30配信予定)

ボーカロイドは、綺麗に歌わせていますが

人間が「やさぐれた感」で歌った方がいいかもね。

昭和歌謡のノリでお気に入り。

 

・Waku-Waku Taking off feat 巡音ルカ/作詞提供:maccha(4/23配信予定)

2019年にリリースされたCD「CARMEL FOREST」より

初のアニメーションです。

作詞は当時中学2年生の「maccha」さんに書き下ろして頂きました。

 

・白い翼〜ノートに綴った自分自身〜 feat 巡音ルカ(4/16配信予定)

友人の「ノート会」なるものの世界観を表現してみました。

サビスタートの曲です。

白い翼.jpg

 

草とダンス feat 巡音ルカ(4/9配信予定)

2019年にリリースされたCD「CARMEL FOREST」より

阿蘇の大自然を感じていただければ幸いです。

草とダンス.jpg

 

星と右手と feat 巡音ルカ/作詞作曲:シガキマサキ(4/2配信予定)

2003年に公開するされた自主制作映画「カフェオレ」の主題歌。

尊敬してやまないシガキマサキくんの最高傑作の一つ。

星と右手と.jpg

 

開かれた道〜贈りたいYALE〜 featアルスロイド/作詞提供:キンタ(3/26配信)

開かれた道.jpg

 

無の箱庭 feat アルスロイド(3/19配信)

無の箱庭.jpg

 

UMIGAME  海亀族 feat 巡音ルカ/作詞提供:泉ゆかり(3/12配信)

UMIGAME.jpg

 

華-HANA- feat 巡音ルカ(3/10配信)

華.jpg

 

作詞家大募集!!!

お気軽にお問い合わせください。

 

youtubeチャンネル完成。

初めまして!マスターです。w

2003年から映像を作っていて

2015年から苦手な音楽を学び、作曲を始めて875曲になりました。

昨年は念願のCDアルバム「CARMER FOREST」も発表し

そして、今年は作詞も始めました。

色んな方々に楽曲を聴いてもらいたく

映像保管庫代わりにチャンネルを作っておりましたが

この度、皆様に解放することに致しました。

 

簡単には行かないyoutuber!!!

服飾のデザイナーからカフェを開業し

大学受験を経て法学部に進学すると

「次は弁護士にでもなるの?」とか

いう意見などもありました。

法学部に行っても弁護士には簡単になれませんから。

 

映画を製作始めたら

「カフェは辞めて映画監督に転職するの?」

あの〜映画作ってもコーヒー職人は辞めませんから。www

 

作曲したところで、今更ミュージシャンを名乗るつもりもありませんが

せっかくなら、多くの方々に聴いてもらいたい。

その一心でございます。

「youtuberにでもなるのですか?」という

意見もありましたが、簡単になれるわけじゃありません。

チャンネル登録者数1000人にならないと

入口にも立たせてもらえないのです。

youtuber.jpg

毎週、木曜日にできる限り

製作した作品を発表し

登録者数が1000人を突破しましたら

コーヒー講座など、様々な活動も検討しております。

チャンネル登録/https://www.youtube.com/watch?v=8QKPP13afEM

 

最後になりましたが、最近コロナ関連のお話で

あまり楽しい話を聞かないので

皆様と楽しめるようなチャンネルを作っていけたらと思います。

また、何かご意見やアドバイスなどございましたら

どしどしご指導くださいね。右も左も分からないので

勉強しながら頑張ります。

 

知らず知らずでの成長を知る。

新型コロナウィルスの影響か?

最近では、ネットでもTVでも

連日コロナウィルスの話題で持ちきりですね。

うちの子どもらも学校が休みで

家で時間を持て余している様子。

おまけに習い事や部活まで休みになるから

彼らも、どうしょうもない憤りを感じているに違いない。

仕事に追われている妻も、子どもらが学校に行かないとなると

食事の準備や家事などにも追われている。

 

つい先日のとある朝の出来事。

ご近所の回覧板に目を通している妻と

食事する子どもらの会話。

 

妻「ね〜ね〜植木町在住の小中学生を対象にプロのギタリストが

ギター教室をするんだって!しかも無料だから二人行ってくれば!」

長男「・・・・」

次男「ゼェ〜〜〜〜〜たい行きたくたい」

妻「なんでよ〜ママがギター習いたいぐらいなのに」

次男「嫌だ!絶対行きたくない!」

妻「ギター持参だから、持っている小・中学生ってあまりいないと思うよ」

次男「絶対行かない!!!」

 

そんなやりとりが耳に飛び込んできた。

 

元々二人はクラシックギター教室に通っていて

基礎は身についているのだけれども・・・

自宅で練習している姿を一度と見たことがない。

 

そんな彼らとの会話の中に私が参加する。

私「もう、ギターやめちゃえば」

妻「私が習いに行こうかしら」

長男「ママは小中学生じゃねぇし」

次男「・・・・」

私「そんなギターが嫌ならギターやめればいいたい」

次男「・・・・」

 

この会話はいつの間にか終わっていた。

すると妻が、戸棚の引き出しから

次男の卒業文集を取り出し

私に渡してくれた。

ページを捲ると次男が書いた卒業作文が出てきた。

タイトル「六年間の努力 柴尾伊吹」

老眼な目を見開き、作文に目を通してみた。

卒業文集.jpg

内容は、1年生の時から始めたギター教室での出来事の様子でした。

 

話は脱線しますが先日、人前でスピーチする勉強をされている方が

TAO CAFEのことをまとめて発表したいという要望があり

「マスター!人前でトークする技を伝授ください!」と

尋ねられて、私はトークの勉強をしたわけではないのだけれども

いくつか私なりのアドバイスをさせていただきました。

まず、掴み。そしていいたいところを3点。

そして、着地点があれば纏められるはずです。と・・・・

こんな話はよくお客様とはするのだけれとも

子どもらにしたことも聞かれたこともなかった。

 

次男が卒業作文でギターの話をしたのは

なぜか分からないけど、内容は驚くほど

読みがいのある内容でした。

掴みで、皆さん、ギターを見たことありますか?

そして、ギターを習っていて良かったことを3点に絞られていて

「音階がスラスラ読めるようになったこと」

「音楽が得意になり好きになったこと」

「続けることの大事さを知れたこと」

最後には、皆さんも苦手なことを続けて

好きなことに変えてください!

と纏められていた。

 

私に似て、音痴だけれども

お風呂ではいつも大声で歌っています。www

 

朝食の時に、涙目の次男は私の方を見ず

黙々と食事していたけど

彼なりに頑張って続けてきたギターを辞めろと言われたことは

悔しかったに違いない。

習い始めた頃は、音楽を教えるというよりも

音楽が嫌いにならないように

教室に行っては、転がって遊ぶ姿を1年ぐらい見ていた。

ごろ寝.jpg

 

いつの間にか次男も小学卒業です。

そんな最後の思い出作りの時期に学校が

休みになってしまうとは、憤りを隠せずにいて

当然です。ママも子どもらも大変な時期ですが

皆で乗り越えていきたいと思います。

 

コーヒーとは、全く関係ないけど

息子らの成長を感じ、ほっこりして

つい、記録しておこうと思いました。

 

よし、テイクアウトのピザや

コーヒー豆のお持ち帰りが増えております。

パパも頑張って焙煎しよっかね!