ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>this is leva
マシンガントーク

this is leva

ようこそ!熊本へ!

世の中の動きとして、よく耳にする言葉・・・

人手不足が故の全自動化。

うちも拡大したくても、有能なバリスタでないと

店舗や規模拡大しても意味がない。

そこで、機械メーカーも挙って

全自動マシンの販売に強化していることを耳にします。

 

自身、労働基準監督署に働き方改革の一環で

休みが欲しいんですけど・・・・(笑)

自営業者は、そんな生ぬるいことは言っていられない。

じゃ〜どうするの?って話なのですが

どうせ毎日お店に立ち、沢山のお客様に囲まれている

仕事をしているのであればですよ!

どうせ!って言葉はあまりいい表現じゃないけど

店に居れる喜びを全身で感じていたい!

じゃ!マスター店にいるのね?

マスターじゃないとできない仕事を増やしてやろう!

時代に逆らうのも僕流というよりタオ流なのかもしれません。

 

this is leva

昨年から注目していて、欲しくて欲しくで堪らなかった

最上機種のLEVAくん。独立ボイラーのXタイプも魅力だけど

電子パネルが気に食わない。w

だったら、デュアルボイラー式のSタイプを選択。

革新的なデザインのLEVAは、見た目の美しさだけではなく、

PIDコントロールシステムの改良やピストンレバーの稼働力を

約50%削減するなど、機能性の高さも兼ね備えています。

また、従来のエスプレッソマシンとの大きな違いは、

粉量・湯量・蒸らし時間・圧力など、抽出工程のすべてにおいて

手技による調整が必要な点です。

それゆえバリスタの力量も問われますが、より個性的な味わいの

エスプレッソを提供することができます。

90周年を迎えたITALIAのLA MARZOCCO社。

その90周年ANNIVERSARYモデル最高級機種。

this is leva.jpg

遠足前の子供のように・・・・

子どもの頃は、楽しみなことがあると眠れなくなるような出来事が多かった。

大人になるにつれて、そのワクワクが薄れていく中

久しぶりに業者の到着を首を長くして待っていた。

無事に到着!すでに営業マンの顔は見ていない。

僕の熱い視線の先には・・・・

車から降ろされたツタンカーメンの如く「ぐるぐる巻き」にされたLEVAくん。

「初めまして〜ようこそ!TAO CAFEへ」

白いワンピースに身を包んだ女子が好みそうな

純白の容姿に心奪われる。「ん〜可愛い」

サイドはライオンのエンブレムがどどど〜ん!

スケルトンでエロ可愛い。wさすがデザインの国イタリアから

ようこそです。w

ぐるぐる倉庫.jpeg

初めて会うのに変なこと聞くけど・・・

君って何キロなの?

「えっ?私?99kgだよ。」

前のGB-5君でも70kgキロほどしかなかったのに!

成人男性2人ではなかなか移動が難しいです。

ラッキーコーヒー マシン.jpeg

お店に入っていきなり裸になってもらうのも

なんなんだけど・・・

ちょっと、君の全てが知りたくて。覗いちゃいました。w

裸.jpeg

ランチタイムでドタバタの中、無事設置が終了し

レクチャーを受けました。

LEVA.jpeg

(看板のradiation→放射線注意は、実際放射線は出ておりません。)

 

時代とは裏腹に、バリスタの技量が問われるマシンは

憧れはあるものの、簡単には導入が出来ないため

日本で唯一の導入店舗となりました。

日本ではTAO CAFEでしか

味わうことが出来ませんので、是非飲みに来てくださいね。

それと同時にESPRESSO自体の普及にも

更に力を注いで行こうと思います。

 

よし!準備は整いました!

 

カプチーノもいいけど、エスプレッソを飲んでみませんか?

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/583