ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>奥歯に引っかかること。
マシンガントーク

奥歯に引っかかること。

もしよければ

今年も1月が終わりました。この前、あけましておめでとうと言った気がするのに

早いものです。

 

先日、開業以来、お世話になっている顧問の税理士から苦言を告げられた

 

「気持ちが伝わらなかったら思っていないのと同じ」

 

痛いほどしみるのであります。

 

カーメルの森プロジェクトがなかなか進まない中、

焙煎の師匠の店のカウンター材に使用していた

飛騨高山の水目桜の一枚板。

大家様のご好意とはいえ、甘えすぎていた自分がいた

今回のプロジェクトが未来的に進む可能性がなくなろうが

なくならないだろうが、一度締めて片ずけに行かないといけません。

そこで、一枚板を預かってくださる方をお探ししております。

6m以上で推定550kgほどの巨大板なので

気軽に持ち運ぶことができません。

しかし、税理士の先生の苦言ごとく

大好きな先輩だからこそ、ここで信用を落とすわけにはいけないのだ。

 

急がなくてはいけません。

誠意を見せていきたいと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/537