ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>オシャレは足元から。
マシンガントーク

オシャレは足元から。

コーヒーと向き合ってナンボの仕事です。

ファッションがお好きな方は、よく耳にする言葉

オシャレは足元から・・・

 

コーヒーを追求する職人さん沢山増えることは

業界が盛り上がるし嬉しいことなんだけど・・・

 

なんか違うな〜と思うことも沢山あります。

 

昨今、サードウェーブの影響からか?

開業したいと望む若者が増えてきた反面。

困ったことに、足ものが地に足がついていないと

思われるような職人を名乗っている人が後を絶たない。

 

拘りのコーヒー豆。拘りの抽出方法を議論するのも

勿論、沢山考え、悩み、何度も何度も実践し

納得いくまで追求する気持ちはとても大事だし

それこそが継続して研究する醍醐味であるので

職人さんは後を絶たないのかもしれない。

 

でも、私はまずやって欲しいことがあるのです。

 

マシンのメンテナンス。

コーヒーにお湯を注いでも

コーヒー成分は溶け出しません。

コーヒー豆にはまず「グラインド」(粉砕)する作業が必要です。

すり潰すより、切れ味のいいグラインダーを使用するのが

いいとされており、勿論、常にいいグラインダーで

顕微鏡で見ても素晴らしいカットが必要です。

 

ここでグラインドの必要な2つの大きな要素をご紹介します。

 

①粒の大きさを均一にする。

器具によって粒の大きさを変化させますが、ここで必要なのは

粒の大きさを一定に保ち、且つ微粉をいかに減らし

毎回一定の状態を作れるかが問題です。

 

②摩擦熱を最小限に抑えます。

いくら焙煎したてのフレッシュな拘りのコーヒー豆を選択しても

摩擦熱から酸化させ、良質な風味と香りを飛散させては

選択どころか、意味がないに等しいとされています。

 

2つに拘るのは勿論、とても重要です。

私も出来る限り、いい状態でお客様に素晴らしい

コーヒーを口にして頂きたい。

 

でも、こだわりの部分だけを伝えて

肝心なことに目が向いていない人も沢山います。

残念ながら・・・

 

グラインダーの刃は消耗品です。家庭用レベルでは

交換までするほど、使用する人は聞きませんが

私たちプロが使用しているものほど

メンテナンスされていないものが多いのです。

 

mazzer.jpg

 

刃は切れ味を見て、自分が自信を持って「切れる」と判断できなくなったら

交換しましょうね。せめて、隅々まで古い微粉が

グラインダーの中に残っているかもしれない?と疑い

分解洗浄は頻繁にする必要があります。

 

どうでしょうか?これを読んでくださっている方々!

あなたの行きつけのお店は

分解洗浄まで頻繁にしてくれていますかね?

 

マシン洗浄.jpg

 

オシャレは足元から、

コーヒーはまず、メンテナンスや洗浄といった

基本的なことを忘れず、基準値から

下がらないような品質を出してくれている店に通って

あなた(お客様)自身も、それを見極められる

味覚に成長ください。私たちコーヒー職人が

基本を忘れないためにも、厳しくチェックくださいませ!

 

マスターからのお願いです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/418