ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>2018年3月

2018年3月

誕生日が沢山ありますな〜

4月1日は何の日???

1997年11月27日は、屋台からタオを始めた日として誕生日にしているが

ホテルマンを平行に行動していたこともあり

半年後の1998年4月1日が本業で始めた誕生日として

大切なタオの記念日の一つにしている。

さくらが満開の田原坂公園では「美味しい珈琲」を求めて

来てくださるお客様が多かったことから

今日まで継続できたということであります。

感謝感謝の20年です。

 

よくエープリルフールで「冗談」と勘違いされますが

正真正銘の事実です。w

これからも末長く応援くださいませ。

田原坂珈琲.jpg

レジェンドの功績。

関口一郎氏永眠。

我がコーヒー業界に偉大な功績を讃えた人物がいます。

私の焙煎の師匠の師として

東京・銀座で1947年から約70年もの間

オールドコーヒーを中心に優しい珈琲を提供されておられました。

あまりにも元気過ぎで、東京へ出張のたびに

元気なお姿にお会いしに行っていましたが

5月の誕生日を待たずに

3月14日、103歳でお亡くなりになられました。

 

関口一郎.jpg

 

驚くことに、常にコーヒーと向き合う姿勢の中に

「探究心」を常に忘れない少年心が圧巻でした。

重たい生豆こそは、弟子に持たせるにしても

焙煎も現役でしたし、誰よりも珈琲を愛されていたと思います。

ランブル.jpg

また、あの焙煎機が欲しいとか、あの焙煎機はダメだとか・・・

常に「いかに美味しい珈琲を生み出すか?」を追求しておられました。

おかげで、私自身奢ることなく今日まで

先輩方のコーヒーへの情熱を引き継ぐことができているのかと思います。

決して有名にならなくても

誰にも負けない魂を持つことの重要さを学ばせて頂きました。

まぁ先生方は、コーヒー業界には欠かせない存在ほど有名ではありますがね。

cafedulambre.jpg

 

 

 

第3の母さん今までありがとう。

今年最大の衝撃。

このことを受け入れるのに時間がかかりました。

どうしても、ブログに残したいと判断し

ここに記す。

 

 

毎週、月曜日は常連さんと集う「月曜会」を行っている。

かれこれ5〜6年になるだろうか?それ以上か?

深夜の営業時間を終えて、開いているお店といえば

ファミレスのジョイフルか、お弁当のヒライ。

私たちはファミレスなんぞに魂は売らんぞ!と

ヒライに通い始めたのであります。w

正直、最初の頃は「ヒライの方がマシか!」レベルの考えでありました。w

 

毎週、行っていたから贔屓で言っているわけではなく

本当にクオリティーの高い総菜やお弁当があるのだけれども

私たちが愛してやまないのが

イートインスペースで食べる「チキンカツカレー」だ!

しかもワンコイン(¥500)で召し上がることができる。

 

単なる「安さ」に引かれたわけじゃない。

確かに「美味しい」のもあるのだけれども・・・

通っていた一番の理由は、そこで働く「おばちゃん」の存在だ。

おばちゃんの作る料理は、本人曰く「レシピ通りだから一緒。」と

いうが、愛情プラスαで全く別物になっている。(気のせいではない)

カツ丼などで併用できるポークカツは再加熱によって

提供するのと違い、チキンカツは併用がなく

おまけに深夜ともあれば、ストックもないので私たちのオーダーから

わざわざ揚げてくれる。しかも完璧な揚げ具合w

 

私たちの通うっていた植木店は改装工事のため

しばらくお休みされていたのだけれども

(勢いあるヒライさんは現在、全55店舗の老朽化の進む店舗には

大幅な改装店を拡大し、勢いを更に深めている印象です。)

先日、3月9日に念願のリニューアルオープンを果たした植木店に行ってまいりました。

建物の骨組みは同じではありましたが、綺麗な内装。

完璧なレイアウトは、飲食店をしているものとして

勉強にも、参考にもなります。w

改装中は、しばらくおばちゃんに会っていなかったので先週

おばちゃんのいる時間帯にメンバーで顔を出した。

 

 

すると・・・・・

 

 

おばちゃんの姿が見えない。

あれ?裏にいるのかな?

最初は、気にも留めていなかったのだけど、やはり・・・

おばちゃんの笑顔に癒されたいと、他の定員に尋ねてみた。

 

「おばちゃんは?」

 

すると・・・

「いません」と返っていた。

 

いやいや、いませんってって!

 

 

「休みなのか?」と尋ねて見た。

 

 

 

すると驚くことに更に

 

「もう、いません」と返ってきて

 

「やめたの?」と尋ねると

 

陳列途中のお弁当を棚に置き、手を止め

体をこちらの方へ向けました。

改めて「もう、おられません。事故で亡くなられました」

 

最初は何を言っているのか?冗談にも程がある!

店員を怒ろうとしたが、段々と状況がわかり

詳しく聞いてみると

オープンした3日後の出来事(正式には2日後)

通常は、毎週日曜日にお休みをされていたが

リニューアル直後ともあってからか?

日曜日勤務(翌月曜日朝)に仕事を終えて

店を出たところで車に接触して、病院に搬送されたようだった。

 

数年前に実家が火事で父を亡くした時、家族と別居を選択し

母と同居した時、熊本地震で恐怖に怯えた時、仕事で悩んだ時、

人間関係に苦しんだ時。

逆に色んな楽しいことも沢山話を聞いてくれた。

決して口数が多いわけでもないけれど

常にニコニコしていた”おばちゃん”は

まさに母的存在。第3の母といっても過言ではない。

 

 

仕事帰りによった時、クタクタに疲れていた時にも

何も言わず、リポビタンDを買って肩をポンと

叩いてくれたあの日。いつも暖かな視線で見守ってくれた

あなたの笑顔は永遠です。

 

おばちゃんがキッカケでヒライに通うようになって

本当に多くのヒライのお店に通いました。

大津道の駅に出店していた頃によった大津店、菊陽バイパス店。

国金への交渉や街方面の配達の帰りによった崇城大通店。

清水バイパス店や鈴麦線の硯川店、母の病院の帰りに寄った玉東店。

毎週予備校の行きに通う北部店。タオ珈琲山鹿店の出勤前に寄った山鹿店。

もちろん、植木店のあらゆる時間帯に通っていた。

 

が、が、が

 

驚くことに店舗によって全て違う。

多くの店舗に通ってわかったことだが、

おばちゃんファンのお客さんは

御膳を返すときに

ほぼ全ての人が

おばちゃんに「ごちそうさまでした〜!」という。

これって凄くないですか?

土建屋さんもサラリーマンも、お年寄りやヤンキーの若者も

飲み屋のねぇちゃんも、トラックの運転手も、ご近所さんも・・・

利用する店のお客さんが”おばちゃん”を

大好きで、したっていたに違いない。

癒されていたに違いない。

 

他店では(植木の他の時間帯でも)聞いたことがない。

まぁこれが普通なのかもしれませんが・・・

ある意味「ごちそうさま〜」って言えることの幸せさを感じていた。

 

 

 

 

 

 

 

妻に今回のことを話すと

一緒に泣いてくれた。

妻にとってもかけがえのない存在だったから・・・

 

 

もう一度、おばちゃんのカレー食べたかったぁな〜。

そして「ごちそうさま」って言いたいなぁ〜。

 

 

妻に、ピカピカ店舗が新しくなっても

おばちゃんがいないなら意味がない!

もう、しばらくは・・・ヒライに行きたくないな〜!と

伝えると、「おばちゃんは、きっと・・・

大切な仲間と、いつものようにヒライで

笑っている方が嬉しいんじゃないかな〜」と呟いた。

 

 

 

 

 

羽坂淳子.jpg

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/rkk/region/rkk-NS003201803111151170111

羽坂淳子さん永眠。

私の心には常にあなたは生き続けます。

 

概念を覆した「飛躍」という意味。

久々、筆を取ろう。今日は忙しいなどと言い訳したくない。

作曲活動も421曲でストップさせたし

ちょっと、仕事の合間にブログの更新を試みることにした。

 

兄貴的存在から、まさかのアドバイス

あけましておめでとう!も節分も熊本城マラソン後も

バレンタインやホワイトデーが終わっても

大好きな聖地「カーメルの森」に行っていなかった。

言い訳かもしれないけど、会いたい存在に会いに行けなかったのは

忙しいのは理由にならないからかもしれない。

 

モーニングを始めた頃は、あたりは薄暗かったのに

今では、清々しいまで眩しい太陽の日差して

開店を迎えれるようにまで暖かくなって来た。

 

そんな中、カーメルの森に通いだして数ヶ月が経過するのだけれども

様々な表情を見せてくれる。また、少しずつ状況も変わって来た。

 

先日、吉井さんとは「あけましておめでとう」と大きな声で

再会を果たしたのだけれども、不動の如く立ち振る舞う

彼は、相変わらずの兄貴ぶりを発揮するのであった。

 

私は、飛躍という言葉が大好きだ!そう、大好きだった!と言った方が正式かもしれない。

今までの経緯、動き、人への働きかけ

ここ数ヶ月の私の行動を聞いてもらい

そして、吉井さんからアドバイスなどをもらいました。

すると、意外な言葉を頂くことができた。

 

「柴尾くん〜君は飛躍しているね」

思わず、嬉しくなりこう答えた。

 

「はい、ありがとうございます」

 

少しだけ、様子がおかしかった。

すると

 

「君は飛躍という言葉はいい言葉だけだと思っていないか?」

 

正直「???」が頭によぎりました。

 

「飛躍ということはね、大幅な変化を意味してね、柴尾くんは飛躍しようとしているけど

決していいことじゃないよ」と言われた。

 

飛躍することは、いいことだと信じ

飛躍こそが自分らしさを最大限に発揮する要素と思っていたので

意外も意外、正直最初は何を意味するの分からずにいた。

 

今の自分から大きく変わることだけが飛躍ではなく

また、飛躍だけが成長じゃないとも言われた。

私は何かモチベーションを保つために常に変化を求めて来てた。

また、変化しないことは、自分がサボっているとも捉えるようになっていた。

 

 

少しずつ・・・そう少しずつ・・・

 

 

今まで頑張って来た実績を壊すリスクを取ることだけが成長ではなく

また、今まで成長したことを、何か一つの変化を求めただけで

崩れ去る内容なら、本当の意味での飛躍にはならないと

そこで感じた。いや、感じてしまった!というのが正式だろうか?

 

いつもなら就寝される時間にも関わらず3時間ほど

私と相手をして下さりました。

最後に見送られる時「柴尾くん」と呼び止められた。

若干の気づくか気づかない笑みを浮かべ

 

「じっくり悩みたまえ!」と言われ

振り向いた背中を見せられた。

 

大幅な変化ではなく、少しずつ何かを得ながら

進まないといけないんだろうけど

答えは、正直まだ出てこない。

 

スピード勝負で様々な歴史を塗り替えることは

惜しまない人生から、今立ち止まり

悩まないといけない時代が来たのかもしれない。

 

飛躍.jpg

 

素晴らしい回答を悩むのもいいけど

きっと、本気で悩んだ末、だした結論であれば

後悔しない自分になるはずだと信じたい。

 

そこをキチンと理解した上で

飛躍という言葉を自分の中に消化して行きたい。

 

 

爽快な映像!BABY DRIVERから心理テスト。

本日は啓蟄。

啓蟄とは「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、

春雷がひときわ大きくなりやすい時季。

この春雷により虫たちが目覚めるともいわれているそうです!

ひと雨ごとに春の訪れを感じますね。

木曜日、金曜日は寒の戻りに注意は必要ですが

また、週末から次第に暖かくなるようです。


BABY.jpg


さて、自分の人生を自分で切り開くために課題を

決めてそれを達成していくことは

ブレやすい情報社会には必要不可欠であると感じます。



今年の課題の中に「勇気を持った決断」という言葉を入れました。



決断するのは意外と難しいですよね。


決断できる人と決断できない人との差があるならば、

決断するまでの明確な定義や順序があるかないかだけです。



だれでも経験のあるものは決断が早く

選択肢が少ないものは決断しやすい。



例えば、

スーツが2着しかなければ、今日何を着ていくか迷わなくて済む。


吉野家に行って牛丼しかメニューがなければ、

並か大盛りの判断だけで済む。(最近では、吉野家もメニューが多いですが・・・)


以前食べに行った食事のメニューがあるのならば、

美味しかったものを頼むので決断が早い。


でも、見たことないものを10個目の前に置かれ、どれがいいですか?

と言われたら直感で選ぶしか方法がない。



自分の人生やビジネスの選択や決断は、

直感だけでは波がありすぎます。



そこで、順番を決めてみませんか? 
 

1.情報をとにかく集める

経験のある方の話を聞いて見たり、本を読む、

インターネットで検索するなどをある一定期間やってみる。


一度選択肢が膨らみますが、そこからできそうなことを絞り込む。

できる限り少なくできればそれでいい。



情報が少ないと強引になるし、思い込みができます。

自分が安心できるくらいの情報量が必要となります。


情報が多すぎて迷ってしまう方は、

期限を決め、2つか3つくらいまで絞ることを優先しましょう。




2.自分がどうしたいか?を考える


自分が何をしたいのか?どうなりたいのかを考える。

その決断は本当に必要なことなのか?を問う。


決断するまでに、

これを決めると周りからどのように思われるだろうか?

今までこう言っていたのに今さら覆すなんて・・・と

今決断するのに関係のない情報が混在します。


責任を取るのはあなたです。


あなたがどうしたいのか?

どうなりたいのか?


組織の長であっても、個人であっても

コトを成したいのではあれば、原動力はあなたです。


あなたが

どうしたいのか?

どうなりたいのか?

その決断は本当に必要なコトなのか?


を優先してください。



3.やらなかった場合後悔しないか?

決断をしなかった時の後悔が膨らむのならやってみる

価値があるという判断になります。


やるからにはこうしようと物事が膨らみすぎると

やることが増えてきますので、後悔を考えれば

まず、やるべきことが見えるかもしれません。



人によって1~3の順序はバラバラかもしれませんが


私たちは、決断するのに関係のない「しがらみ」で

決断を遅くしていることがあります。


時代の変化に対応するためには新たな一歩が必要です。

ビジネス用語でよく使われる「ドッグイヤー」

人間の1年は犬の7年に匹敵するスピードを表している用語です。


最近ではもっと早い「マウスイヤー」なるものがでてきました。



それだけスピード重視の世の中ですので、


決断スピードだけを鍛えて心の豊かさや

ゆとりだけは失わないように過ごしていきましょう。

 

ちなみに写真はベイビー・ドライバー

オープニングが異常にカッコイイ!

最初の6分で引き込まれた。w

 

 



2018年【3月のリズム】 3/6~


≪M+≫ 整理年-成果月

総合タイトル「順調に進む月」
これまで悩んできたことの答えが見えてきます。
何事においても順調なトキなので、深読みしたり難しい理屈をこねたりしないで、
素直な気持ちでヒントを受け入れ、「何でもできる」という姿勢で実践することが大切です。
克服ポイント:自信を持つこと

恋愛運タイトル「恋が盛り上がる月」
好調の波に乗って、あなたの個性や魅力がうんと輝きます。
成就ポイント:自分らしさ

仕事運タイトル「実力を発揮できる月」
難航しそうに思えたこともスムーズに進みます。着実に結果を残しましょう。
加速ポイント:詰めを確実に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新型ジュリア ベローチェ試乗会のお知らせ。

風を置いておく爽快な走りを体験。

イタリア車を中心にマニアックな車を専門とする

久留米にあるモトルシンクロ!

立ち上げ当初から、お世話になっております。

イタリア車を検討されている方、車がお好きな方が

集う楽園的存在の車屋さん。

そこで出されるコーヒーは、

勿論イタリアンな当店のCaffeが出て来ます。

 

 

そのモトルシンクロさんから新型ジュリア ベローチェの

試乗会のお知らせが来ましたので、ご紹介致します。

ベローチェ.jpeg

 

開催日/2018.3/10.11

場所/モトルシンクロ

念のため、予約をされると確実かと思います。

本当に風を置いていけるのか?体験されて私に報告ください。w

デジタルリマスター!新「カフェオレ」

4:3→16:9へ変換しました。

2003年に製作した第1回自主制作映画作品。

当時、16mmフイルムで製作すると4:3の画角になっていました。

データ量の多い方がいいと、その時は良かったのですが時代とともに

横型画面が支流となる中、古さだけが際立っておりました。

 

最先端技術とはかけ離れたアナログな時代の作品。

しかも第1回作品ともあれば

お見苦しい点も多々ありますが

当時の若者たちでしか作れないパワーw感じる作品となっております。

ご覧になられたことない方は勿論ですが

以前にご覧いただい方かにも

楽しめるんじゃないかと思いまして

今回、ブログで紹介させて頂くことに致しました。

 

現在、43歳のマスター(監督)です。当時は28歳ですよ!特別出演で

ちらっと出演しているシーンもあったりします。w

14分割しておりますので、少しずつご覧頂けると思います。

是非、感想などお待ちしております。w

 

カフェオレ.jpg

https://youtu.be/m8JUz-PnJZg

 

グランメッセに行って来ます!

くまもと産業復興支援プロジェクトフォーラム2018

地域発の産学官マッチングイベントとして

プロジェクトフォーラムがグランメッセで開催されます。

デザインマネージメントや被災生活対策についての

講演会を始め、様々な業種の企業や団体が出店します。

 

単にモノを販売しに行くというカテゴリーではないと思う。

熊本大学や熊本COC+推進協議会が主催のイベントです。

 

産業技術総合研究所や中小企業基盤整備機構、北陸先端科学技術大学院大学、

科学技術振興機構、熊本県や熊本市、熊本県工業連合会や熊本県産業技術センター、

株式会社リバネスなど顔ぶれが凄い!そこに何故か?TAO CAFEが

無理くりブースを頂き、コーヒーと工業化学を融合させられないか?

と行った要望に応えてくださったことから出店が決まった。

 

どんな化学反応があるのか?楽しみで仕方ないのだけれども

準備を申しこしかける時間が欲しかったというのが本音かな。

 

プロジェクトフォーラム2018.jpg

 

 

もう、ここまでくれば・・・

やれるだけ、やってみます。