ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>2018年2月

2018年2月

苺一会まるで雅デザートセットw

苺一会.jpg

予告なしのサプライズ企画。

イベントカレンダーには予告しておりませんでしたが

3/1〜3/14までの2週間限定で春らしいデザートセットを

ご紹介する運びとなりました。

 

しかも、贅沢に「さくらブルボン」

(3月限定厳選ストレートコーヒー)

 

「みやび」とは・・・宮内庁ご用達の高級食パンで

九州の販売権を当店が取得しております。

素材の旨味だけでも美味しい食パンですが

旬の苺にラズベリーチップ、2種のアイスクリームに特製のホイップ。

いちごパウダーで仕上げたスプリングデザートと

なっております。期間限定の上、数量限定にての

ご紹介となりますので、売り切れの場合には

予めご了承願います。是非この機会にTAO CAFEに遊びに来てね。

 

ちょっと宣伝にはなりますが。

カリタコーヒーメーカーがなくなる危機。

おうちカフェという言葉がまだ

スタンダードじゃなかった2017年。

「おうちカフェ」の走りともなった

可愛いコーヒーメーカーの登場も一役かったはずだ。

しかも各種専門メーカーが作るのだから

高価なものに違いないと思ったはずだ。

 

価格は安価で、性能もいい。

しかもデザインがいい。

 

最初はメーカーも競い合って作ったものの

コストの問題で最近では打ち切りが多い。

売れていないのじゃなくて、作れないからだ。

 

で、当店では世の中からなくなりつつある商品を

皆様にも伝えておきたい。

 

カリタのカフェコローレ色が5色ありましたが

現在、当店に在庫がございますのが

この2色。いずれも可愛い。w

カフェコローレ.gif

リンクページも貼っておこう。(アマゾン先生よりも安い。)

https://www.tao.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=73

 

79回目の誕生日。

マスターママの誕生会。

父が亡くなって、母は寂しくなったと思う。

いつも一族の中心にいて

皆から祝って貰っていたのだけれども

今は、そうではない。

 

私と暮らし始め、アパート暮らしにも慣れて来たはずなのに

やはり、アパートは好きには慣れないようだ。

アパートというよりは

一人の時間が嫌いなのだと思う。

 

せめてもの・・・今日は、家族で些細ながら

パーティーをしました。

日曜日は、激しくお客様が多く

なかなかゆっくりと時間をかけることは

できなかったけど、気持ちが伝わればいいな。

 

79.jpg

 

長生きしてください。ゴットマザ〜(笑)

来年は80歳の大台です!

 

 

 

さよならグッチ

最新作の発表。

タオの映像部門「INASE FILM ENTERTAINMENT」

大学在学中ということで2年ほど働いてくれた

アルバイト生の楠口志織さん通称「グッチ」が

就職を期にTAO CAFEを卒業します。

 

そ、そこでマスターの企みが始まりました。

 

彼女をイメージして曲を作成し

どんどんとイメージが湧いて来ました。

 

映画カメラで撮影もできるのに・・・

あえて仲間との距離感を出す為にスマホでの撮影。

スタッフとメッセージムービーを作成しました。

 

スタッフの個性を最大限に引き出せるのはマスターの仕事。

 

企画、撮影、編集、演出、作曲と欲張りではありますが

心のこもった楽しい映像の完成です。

ブログ用表紙.jpg

https://www.youtube.com/edit?video_id=pKh6r8AB9mw

<映像時間/4:48>

youtubeリンク開始。

作品続々登場。

まずは、今取り組んでいる編集の予告編です。

これは、サンプルなので当日は上映されないものです。

 

肥後のっぽ予告編.png

<作品時間/49秒>

https://youtu.be/oHWBStpEp8k

暦では春。新たなる流れを掴め!

暦は春に突入する訳です。

 

2018年が始まりあっという間に2月となりました。
暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続いています。


「立春」より本格的に2018年の流れが始まります!

今年の目標は立てられましたか。

2018年!自分のリズムを知り今年の目標をさらに深く設定し、
さらなる飛躍への未来予想図をワクワクしながら作りませんか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







いつもありがとうございます。




個性心理学は、人の分類を基本としています。


相手のタイプを知り、教え方を変化させる。

相手と自分の違いに気づく。

自分と人との違いを把握する。



どうしても、スキルやノウハウが主流になってしまいやすい時代ですので、

人の性格が全てわかるのでは?


と思われがちですが、

変化しにいく性格もあるのです。




それらが行動特性の基礎を生み

意思決定などの基本要因になります。



簡単にいうと、持って生まれた人の癖のようなものがあり

その癖が良い方向に出ると自分の強みを持っている人と言われ

悪い方向に出ると単なるアクが強い人になります。


それらは、個性です。



もちろん、環境から成り立つ性格要素は大きく、

人は常に変化し続けていると感じます。


持って生まれた変化しにくい個性を分類することで、

人をセグメントする。


これは、


情報を絞り込む

名刺を整理する

書面をテーマごとに分ける

ゴミの分別などなど・・・




と同じです。


人を分類することで様々なメリットがあります。



顧客に向かって何かを訴えるマーケティング

“ONE to ONE”といった営業

いろいろな人と接する人間関係

親と子といった近すぎる人間関係



今まで見えなかった人というカテゴリーを

分類しセグメントする方法こそ、ISD個性心理学が得意とするところです。



分類を体系化したのが分類の父と称される

「カール・フォン・リンネ」

1735年に出版されたのが「自然の体系」。

植物の分類を初めて世に出し、

そこから今現在、分類学と当たり前のように使われています。



その時は、分類のあり方に反論も多かったのではないかと推測します。


分類するは、決めつけることではなく、

情報を大枠でいいので整理することです。



人の個性や特性といったあいまいなカテゴリーを

精査し、分類、セグメントすることで

区別ができ、

整理ができ、

今まで見えなかった新たな発見にもつながります。



最近ひとつの発見を検証化した事例があります。


Way to teach(教え方)による発見です。



これは、

A相手の情報が全くない状態で教えた場合

B相手のタイプを分類し整理した状態で教えた場合


どのくらいの変化が生じたか?



これは、

100名弱の方を対象にISD個性心理学協会で行った実験です。

Bの場合の方が教えられた側が92%の確率で

「学びやすく、理解できた」という統計が取れています。



人を分類するということは、

教育、家庭、企業、地域に

大きな発見と

大きな変化をもたらすことになると確信しております。

 

2月からの流れ.jpg

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2018年【2月のリズム】 2/4~



≪M+≫ 整理年-投資月

総合タイトル「消極的な感情に包まれる月」
前向きな考えにブレーキをかけてしまいがちなトキ。
気分が乗らないとしても、まずアクションを起こすことで
「案外そうでもなかった」と気づくことができます。

周囲の人たちから影響を受けることが、次へつながる大きなステップになります。
克服ポイント:影響されることを恐れない

恋愛運タイトル「小さな不安が出てくる月」
愛情に変化が訪れ、心が揺らぐトキこそ、愛する気持ちを大切にしてください。
成就ポイント:見返りを求めないこと

仕事運タイトル「大胆に行動する月」
先を見通す力が冴えわたり、投資や始動に絶好のタイミングが到来です。
加速ポイント:良い運気には乗っていくこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

リピート現象〜タイムマシーン〜

もしも、時間が戻ったなら。

意味深なタイトルでスタートした久々のブログ。

毎週、木曜日の深夜に貫地谷しほりさん主演の

テレビ番組を観た。その名もリピート。

 

しかし、そのドラマの話をしたい訳ではない。w

 

ドラマの内容は、時空の亀裂を見つけた

謎の人物が六角精児が不特定多数の8人を誘い出し

最初は疑っていた8人が、時空を超えて10ヶ月前に戻り

繰り広げるドラマなのだけど

このドラマを観た時に抱いた時間の過ごし方が

重要で、大切なことなのである。

 

カフェのマスターは一々、お客様の会話に耳を傾けている訳では

ないのだけれども、カウンター越しに多くのお客様が

会話をしているのが聞こえることがある。

 

「今日は、○曜日なので、週末まで後△にち・・・!早く週末にならないかな〜」と

言っているのを耳にするのだ。

 

決して、抱いてはいけない感情ではないのだけれども

休日を心待ちにするあまりに

休日までの数日を無駄に過ごそうとしている

いわば「勿体無い」現象が心を痛める。

 

ドラマの内容を付け加えて話をすれば

誰でも抱いたことのあるであろう妄想。

「もし、時間が戻ったなら、こういう自分になりたい」

 

そこで、思う気持ちは正直こう思う。

 

 

「そんな人は時間が戻っても、いまの自分のままである」

 

学生を卒業した当時に友人が言っていた話として

「もし喉れるなら、もっと勉強していればよかった」

今、気づき、今、時間の流れを後悔するのであれば

気付いた時から、取り戻す努力をすればいいのだと思う。

 

誰しもが与えられた同じ時間経過の中、時間に関しての考え方次第で

 

この先、よくも悪くもなるのである。

 

リピート.jpg

 

事務所に気に入って貼っている名言のポスターを紹介します。

 

10年後の君からのメッセージ!
 

今から10年後、君は

「10年前に戻ってやり直したい」と思っているんじゃない?
 

だったら、頑張ろうよ。

君は今、10年後の未来から、戻ってきたんだ。

 

今、こうしている間にも時間は刻一刻と過ぎ去っております。

無駄に時間を過ごしてしまう前に

もう一度、今の自分と向き合う時間が欲しいものだ。

きっと、週末になるまでにも

かけがえのない素晴らしい時間があるはずだから・・・