ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>素直の人の定義ってあるの?
マシンガントーク

素直の人の定義ってあるの?

朝夕はすっかり冷え込んできました。

涼しい秋風に、高く澄んだ空!

大きく深呼吸をしたくなるような気持のよい季節ですね。


【勝手に考えてみた「素直な人」の定義】

人は素直になった方がいい。素直な人は伸びる

成功者は素直な人が多いだから、素直な人は良い!!

とよく言われています。



では、素直な人と言われるには

どうすればいいのか?



人を疑わない

言われたことをそのままできる

反論しない 聞き上手

他人との距離の縮め方が上手

 

というような言葉が挙げられる。


言われたことをそのままできるというのは

素直の真骨頂なのではないか、と思います。

反論しない、聞き上手・・・

他人との距離の縮め方が上手

これは、自分の考え方を主張せず

相手のことを受け入れる量が多いのでしょう。



一番難しいのは・・・

人を疑わないことです。


あまりにも素直すぎると

世の中渡っていけるのか不安に感じます。
 

ビジネスの世界で契約書もなく

「全てあなたの信用する」

と進めて行けば、どんな資産家でも

黒字会社でも1年も持たないでしょう。




ということで私の解釈は

人を疑わないが・・・・契約書や約束などは慎重になる。

 

当たり前のことですが、極論が多いので少し訂正してみました。

ネットでも調べてみたらこんなことも書いていました。

 

相手の批判を受け入れて消化出来る

歳の離れた人とも打ち解けられる

意見の違う人とも打ち解けられる

常に相手のことを知りたいという気持ち

正論に固執しない


この方がわかりやすいので、

私は、これを素直の定義にいたします。



自分の自我を伝えるよりも受け入れることが多くて

全く違う価値観の人の話も聞き入れることができ

前向きに学ぶ姿勢を持ち

目の前にいる人だけに集中をする
 

最近、自分の考えをぶつけあうといった場面に遭遇します。


どれも正論なんです。

どれも正しいのです。


でも、言い切った方がスッキリする。

自分の満足度は引きあがる。


言われた方はムキになる

相手に対しての違和感だけが残る


討論会や政治家といったパフォーマンスではなく

テレビの視聴者もいないところで

必要のない論議が多い。



相手に嫌な思いをさせず伝えたいことだけを伝える

相手の意見をしっかり受け入れるよう努める


これができる人を増やしていけば

争いは起こらないのではないか。と常々感じます。



まずは、気づいた方から行動してください。


私もすぐにはできません。

でも、やろうとする気持ちが大事です。


といいながら、昨日はまったく歴史に興味のない

友達に豊臣秀吉の腹心である

「蜂須賀正勝(小六)」のことを

酒の席で熱く語っていました。

お酒の席くらい無礼講と言うことで・・・



今思えば相手は僕に合わせてくださっていたのでしょう。

私の友は間違いなく素直な人です。

日本酒は控えます。

では、今日から素直な人になるために一歩前進しましょう。


素直.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年【10月のリズム】 10/8〜

≪M+≫ 完結年−活動月

総合タイトル「リセットできる月」

今まで引きずってきた問題をリセットし、

積極的に行動を起こすのが今月のテーマ。

新しいスタートをより良いものにするためには、

人間関係に摩擦がないことが第一です。

自分と他者の境界線を明らかにすることで、

スムーズにことが運びます。


克服ポイント:自己責任を意識すること

恋愛運タイトル「未来に目を向ける月」

よい思い出も恥ずかしい失敗も含め、

過去にばかり捉われないようにしましょう。

成就ポイント:必ず訪れる出会いに備えること

仕事運タイトル「スタートを切る月」

常に前向きで希望に満ちている今、

新しいことを始めるには最良の月です。

加速ポイント:迷わず前進すること

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/301