ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>テンション上がる道具たち。
マシンガントーク

テンション上がる道具たち。

カップへの拘り。

独自の製法で「美味しい珈琲」を

作り出しているメーカです!

タオは珈琲専門店なのです。

その珈琲たちをよりよく

美味しく楽しんで貰うための条件として

珈琲を包み込むカップに拘りたいのです。

 

いくら中身のコーヒーが美味しくても

その周りのカップがお粗末なものであれば

お客様に伝わりづらいからですね。

 

 

 

 

実はないんですよ。選択肢が!

バリスタなら、きっと思っているはずです。

いいカップでコーヒーを注ぎたい。

 

でもですね。いいカップというものが

最近は、本当にいいカップがない!

 

そんな中、私たちは

ど真ん中の王道を取り入れています。

イタリアのアンカップは

激しく洗浄しても全然割れない。

さすが!ANCAP!!!

やっぱりいいものはいい!

なかなか1500円程度のカップで提供している

店が多い中、1脚1万円近くで提供するのにも

勇気がいりますがね。

 

 

 

 

新しい仲間が増えました。

イタリアから取り寄せました。

世界にエスプレッソ自体を広めた立役者イリー。

その最高峰illy Art Collection

 

大胆なプリント柄、鮮やかな色の

組合わせが素晴らしい

イタリアのファッションデザイナー、

エミリオ・プッチによる

フィレンツェ、ミラノ、ローマ、

ロンドン、パリ、ニューヨークの街並みを

モチーフとした作品です。

彼のデザインは、マリリン・モンローや

エリザベス・テーラー、

ジャクリーヌ・ケネディ等、

アメリカを中心に各国のセレブに

賞賛されています。

 

じゃじゃ〜ん。いちいち箱もかわいい。

エミリオ・プッチ.jpg

 

エスプレッソカップとカプチーノカップを揃えてみました。

エミリオ・プッチ.jpg

 

コンセプトは同じなのに色違い。

 

エミリオ・プッチ.jpg

 

 

いや〜スタッフ達ともテンション上がって

みんなでカプチーノ休憩しちゃいました。

エミリオ・プッチ.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/289