ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>コーヒー物語。真の拘りとは!
マシンガントーク

コーヒー物語。真の拘りとは!

最近のコーヒー業界の素性。

今日は、コーヒーの拘りについて

少し語りたい。

 

某スイスの焙煎機メーカーの工場視察の招待をお断りした。

 

そりゃないよカンチ

 

 

 

 

次は、某アメリカの焙煎機メーカーの

サンプルを取り寄せる。

ん〜ふむふむ。

DCS.jpg

実は、7月末に福岡営業所ができるということだ。

九州のコーヒー業界としては、嬉しい限りである。

 

 

 

 

 

 

先日、IIACのモジュール1の研修に東京に行ってまいりました。

IIAC国際カフェティスティング協会の1〜5を取得しているものだけに

渡される称号「マスタープロフェッシャル」も取得しているにも

関わらず、再度研修に行くのにも理由があった。

 

学問とは、身につければ終わりというものではなく

反復することにより、さらに深く学ぶことができる。

新人のバリスタ1年生のような若者に交じって

教卓の真ん前で先生もやりづらそうでした(笑)

 

気になったポイントは

「どんなに技術に拘り、それを売りにしていても

マシーンや厨房の清掃ができていないお店が多い」と

いう内容に、思い当たる節があり、共感しました。

私も技術を教える身として

マシーンのメンテは当たり前だと思っていたけど

それを「当たり前」ではない世界が沢山だという。

 

mazzer.jpg

 

そんなことも若い子たちに教えていけたらと思う。

 

マルゾッコ.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/249