ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>2016年11月

2016年11月

19周年記念でもモバイル担当でした。

1997年11月27日(木)の営業初日から19年。

開店当日.jpg

あれから19年の月日が流れました。

私は23歳から42歳になりました。

外は寒くて、ポットの握れないぐらい

手が悴んでいたことを

昨日のことのように覚えている。

 

今のなお、同じことの追求ができ

継続の楽しさと難しさの間に

日々の充実な毎日を過ごさせていただいております。

 

↑写真では見づらいですが

開店初日の写真にもあるように

固定の”きちんと”したお店を出すことが出来なかった

屋台コーヒー屋の頃。

せめともの「おしゃれ感」

「おもてなし感」を演出するために

真っ赤なバラを1輪飾ることにしていた。

 

毎年、タオの誕生日が来るたびに

バラを1輪飾ることにしている。

今年は、大津 道の駅の出店に重なっていましたので

近くに住んでいる常連さんがワザワザ、バラを持って

お祝いに来てくれました。

肥後のっぽ.jpg

 

 

 

 

一期一会の言葉をバラに込めて。

早速、飾らせて頂きました。

バラ一輪.jpg

 

数年前まで好きではなかった言葉がありました。

「一期一会」・・・

芸能人とか、有名人など露出が多い人たちが

インタビュー等で「一期一会」という言葉を吐き出しているたびに

「一期一会って言葉を使うと人がいいように見えるから言っている」のだと

偏見で見ていた頃もありました。←偏見の塊の変な人(笑)

しかし、本当に「一期一会」だな〜と

年齢を重ねるごとに感じます。経験を重ねるごとに

実感というか、体感させていただいております。

 

人は支え合って存在するものだと!

そんな素晴らしくも、当たり前のことでさえ

わからずに過ごしていたこともあった。

 

タオを今まで支えてくれた約250人の卒業生や

現在も一緒に夢に向かって頑張ってくれる仲間。

お客様が応援してくださっているのだと

感謝しても仕切れない熱い想いがあります。

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

20年目の新たなるスタートを前に今日までを振り返って

コーヒー飲みながら浸ろう(笑)

 

 

 

願いが叶うなら

初日の1杯目に「モカマタリ」を飲んでくれた

お客様に会いたい!そして伝えたい。

「あなたが飲んでくれたコーヒーを皮切りに今も続けております」

と伝えたい。

当時、住所や連絡先を聞けなくとも

せめて、お名前だけでも聞いておきたかった。

すぐに辞めるつもりもなかったが

19年後に、こんな気持ちでいる今日のことは

想像できなかった。その気持ちの日々更新中である。

明日、明後日と・・・どんなお客様と出会うんだろう?

ワクワクが止まらない。(笑)

 

初日の売り上げが6000円でした。

それを田所と一緒に天ぷら定食を

帰り道、食べて帰りました。

その時の味付けは覚えていません。

でも、自分たちが頑張って

得た経験が身となったのでしょう?

むちゃくちゃ美味しかったことだけは

鮮明に覚えている。

 

最近では、開業を夢見る若者たちの支援をするのも

私の仕事となっていますが、

その天ぷらが美味しいと思えるほど

頑張ってください!と伝えている。

 

終わりに・・・。

宝くじ.jpg

道の駅 大津でも宝くじが買えます。

昨日、発見したが

記念日の今日にしました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

いつかは欲しい!家庭用最上位電動ミル比較!

第47回、珈琲講座を終えて。

珈琲講座の基本中の基本、初級編の

「美味しい珈琲の淹れ方」講座を

先日、山鹿店で行いました。

サードウェーブの影響なのか?

おうちカフェの影響なのか?

自宅で美味しい珈琲を淹れたいという

意識の高い方が沢山、参加してくださりました。

伝えていく側も張り合いがあり、

素晴らしい会にすることができました。

 

中には初級編から中級編へ行かれそうな方もおられました。

その時に家庭用の上位電動ミルの違いや

豆での保管がいかに大切なことなど

お話しでき嬉しくもあり

私たちもプロとして

まだまだ浸透していない

正しい知識を皆様へ

ご紹介できればと思い、当店でも扱っている

コーヒーミルのお話をすることに致します。

 

フジローヤル「みるっこDX」 VS カリタ「NEXT G」

家庭用コーヒーミルの上位機種を

あえて比較してみます。

家庭用の電動ミルにも様々です。

いくつか種類がありますが、

その中でも最も上位に位置する当店でも販売している

2つの家庭用電動ミルの比較してみました。

 

フジローヤル「みるっこDX」の紹介。

よくカリタの旧型ミル(ナイスカットミル)との

比較に取り上げられ、一回り優れたスペックを示してきた

家庭用電動ミル界の王者とも言える存在です。

価格も一回り高いので、ナイスカットミルで

物足りなくなった人がよく買っている印象です。

 

この「みるっこDX」を使っていて、「サ〜…」という音が

鳴ったかと思ったら、すでに挽き終わっています。

異常までの静音性です。(笑)

 

<当サイトでも買えます>

 

カリタ「NEXT G」の紹介。

カリタのNEXT GはまさにNEXT GENERATIONを意味する次世代機。

ナイスカットミルの後継機として2015年の暮に登場しました。

サードウェーブによりコーヒーに対する感度が高まった

コンシューマーに向け、カリタが本気を出しました。

ネクストG___コーヒー機器総合メーカーカリタ【Kalita】

 

ナイスカットミルの話題によく出る排出口の静電気にも対応し、

新型の粉受けも開発。静音性も数段上がり、まさに究極の1台になりました。

 

公式サイトでは業務用の位置付けですは、ナイスカットミルの

後継機ということで今回は家庭用電動ミルの最上位という扱いで比較を行います。


<当サイトでも買えます>

 

 

比較

さていよいよ比較していきます。

電動ミルにとって重要な要素をカタログスペックで比較しました。

価格

とりあえず定価で比較します。

NEXT G定価/55,000円(税抜)→

タオクリスマス特別価格/50,000円(税抜)


みるっこ定価/53,300円(税抜)→

タオクリスマス特別価格/36,851円(税抜)

約1万円の差があります。

みるっこの方が発売時期も遅いので

多少値下がりはしてて、実際は15,000円くらいの差があります。

差額でナイスカットミルが買えそう…

 

操作性

NEXT Gのスイッチはナイスカットミルが

背面だったのに対し前面の土台部分に取り付けられています。

一方みるっこは側面に配置されています。

より狭い場所に置くことを考えると

NEXT Gに軍配が上がりそうです。

ネクストG___コーヒー機器総合メーカーカリタ【Kalita】

 

ホッパーに入る豆の量は

NEXT G:60g

みるっこ:200g

 

これについてはカリタの「淹れる度に豆を計って挽け」

というメッセージが感じられますね。

NEXT Gにはホッパーを取り付けないとモーターが

作動しない安全装置が搭載されています。

 

細かさについては・・・

NEXT G:15段階

みるっこ:19段階

ということで、この点はみるっこが優れています。

実用的には使うメッシュは限られているので

なんとも言えませんが細かく分かれているのに越したことはありません。

 

また、双方ホッパー下部に仕切りがあり、

十分な回転数になってから豆を挽くことが出来ます。

これはナイスカットミルには無い機能です。

 

粒の均等さ

これについては工業的な規格を用いて

各社で数値化して欲しいものなのですが、

どちらもかなり高い次元で粗さを揃えてきています。

ネクストG___コーヒー機器総合メーカーカリタ【Kalita】

 

みるっこの粒度の精度の高さはお墨付きで、

喫茶店の業界標準となっているR-440よりも精度が高いと言われています。

NEXT Gについては従来のナイスカットミルからモーターの

回転数を半分にまで下げることで粒度の安定性を上げる事に成功しています。

 

挽く早さ

電動ミルだし早く挽けるのが当たり前となっていますが

NEXT G:50g/分(換算値)

みるっこ:250g/分

そうです!NEXT Gは、めちゃくちゃ遅いんです。(笑)

というのもナイスカットミルに比べて消費電力が半分の60W。

製品ホームページには挽くスピードは載っていなかったので

ナイスカットミルの仕様書と消費電力を参考にしました。

本当に驚きの遅さです。(笑)

 

みるっこの消費電力は130Wとなっていて、

グラインド式ならではの早さを誇ります。

 

静電気対策

 

NEXT Gには排出口付近にコーヒーの粉が付着するのを

防ぐ静電気対策装置が搭載されています。

排出口に向かってマイナスイオンが放出されるものです

(刃の材質によってはプラスイオンが放出される可能性もあります)

これにより挽いた後になってから

こぼれてくるようなことも無くなりました。

 

みるっこは特に対策はされていません。

ただ、静電気によって薄皮と微粉を取り除くことができると考えれば、

微粉否定派の人にとっては、対策して欲しくないところかもしれません。

 

熱対策

高速で回転する刃は熱を持ちやすく、

その熱は豆の風味に影響を与えます。

みるっこが金属製の刃を用いているのに

対してNEXT Gは熱を持ちにくい

セラミック製の刃を用いています。

これはNEXT Gが一歩リードしていると言えるでしょう。

しかし数十グラムの豆を挽いて

あの質量の刃が熱を持つのかというと正直疑問が残ります。

100g以上挽く場合は影響すると思いますがね。

 

静音性

どちらの電動ミルも静音性が優れていて、

業務用もあわせて考えてみてもトップクラスの静かさです。

ナイスカットミルで問題視されていた静音性ですが、

NEXT Gはそもそも消費電力が小さい為

モーターの回転数が低く、静音性が向上しています。

みるっこは重量が5kgと重いため、

振動そのものがあまり発生しないようになっています。

 

 

まとめ

表にまとめると以下のようになります。

比較用にナイスカットミルも追加で載せておきました。

上にも書きましたがあくまでカタログスペックなのでお忘れなきよう。

 

新型カリタ/

NEXT G

フジローヤル/

みるっこ

旧タイプ/

ナイスカットミル

価格 55,000円 53,300円 27,500円
操作性
粒の均等さ
挽く早さ
静電気対策
熱対策
静音性

 

やはり最近開発されただけあって

NEXT Gの性能の高さが見て取れますね。

ただし、それだけ値段も張ります。

静電気対策はやはり画期的で、ユニット単体で

売ってくれないかなぁと思うほど欲しいです。

工業用のイオナイザってそれだけで

何万もするからですね。

 

いつか持ちたい家庭用最上位電動ミルのお話でした。

ご検討お願いします(笑)

 

 

次回、第48回の珈琲講座の募集も開始いたしました。

コーヒー講座.jpg

 

ご興味がある方は、山鹿店へ直接お問い合わせください。

0968−44−8558

新たなる文化の誕生なるか?あのポスターはありえない。

日頃の観覧に感謝。

ついにGoogle先生のデータで言いますと

毎日、7200〜7550名ほどの観覧を頂いております。

ひとえに皆様に支えられタオが成り立つことを

この場を借りまして深く感謝致します。

 

これからもコーヒーを中心に

世の中に、切り込みながらも

あまり長くならないように

ブログ運営に努めてまいります。

 

 

 

 

 

 

熊本市に道の駅が誕生。

熊本市北の玄関口、道の駅がついにOPENします!

 

タオカフェ植木本店の目と鼻の先に

町民が待ちにまった?

道の駅物産館が11/22(火)に誕生する。

その名も道の駅「すいかの里 植木」

 

 

前日は仮のオープンということで準備に追われている。

すいかの里.jpg

 

真新しい施設に今後、人がドッタ返すことに期待。

道の駅「植木」.jpg

 

 

 

 

面白い商品を見つけた!

すいかメロンパン.jpg

 

すいか?メロンパン?

ウォーターメロンパン.jpg

 

ウォーターメロンパンらしい。さすが植木!

地元色が出ていて、非常によろしいのではないか!

 

一つだけ残念なことは、飲食ブースだ!

U◯Cコーヒーブースが大半を占領?

地場で活躍しているカフェを活用すればいいのに〜

なんで周りの人はアドバイスしてあげなかったんだろうと(笑)

大手のポスターがカッコ悪く、地元の頑張っているポスターが

かっこいいと思うような物産館の運営者に

育って欲しい。今の所、直接的依頼がないので

間接的な応援ですが

地元を盛り上げていけたらと思います。

 

よし!いつの日にか!

うえき「田原坂の安らぎ」ブレンドと

植木「小町の泉」ブレンドのポスターを

貼れるような、物産館にも必要とされる活動を

今後も続けていこう!

 

 

 

 

新企画のご紹介。

スタッフから面白い?

企画を頂きましたので

即、採用しました。

 

新企画.jpg

植木本店ご利用のお客様にメニューと一緒に

スタッフが「こちら」のPOPもお持ちいたします。

内容と致しまして、

「マスターと話したい!話してみたい」という

お客様の意思表示みたいなものですが

なかなか、直接「お話がしたいです!」と言えないのが

現状のようですので

マスターとお話がしたい場合には

テーブルの上にPOPを置いておく!

するとPOPに気づいたスタッフが

マスターを呼んできます(笑)

逆を言えば、スタッフたちも顔見知りの常連様方。

マスターと話したいわけじゃないのに

常連様が来店されたとスタッフは

マスターを呼びがちです。

マスターと話したいわけじゃないにの

マスターの長い話に付き合わされたくない方、

メニューを返却する際に、一緒にお渡しください(笑)

 

今後の長〜いお付き合いをお願いいたします。

 

 

 

見せたいような。見せたくないような。

お待たせいたしました。

 

まず、こちらの写真を見て欲しい。

 

カルキの塊.JPG

 

 

これは?

 

 

なんだ?

 

 

じゃ少し角度を変えてみてみましょう。

 

カルキ水.JPG

 

わかった!という人も

余計わからないよ!っていう人も

あまり教えたくないけど

教えておきたい裏の事実。

 

 

 

今日は角度を変えて お知らせいたします。

 

 

当店にとって焙煎機は心臓部。

では、エスプレッソマシーンはどうでしょう?

華やかな印象を与える顔みたいなモノかもしれません。

シルエットもイタリア製ともなると

いちいち「おしゃれ」で「かっこいい」わけです。

いいブランドのマシーンを備えつえているところで

マシーンメンテの行き届いていない店舗さんって

実は「意外と多い」!という話ではありません。

ほとんどがメンテされていない状況だということを

知ることで、他店との差別化を図るべく

当店のマシーンをバラバラにし

人間ドックならぬマシーンドックへ踏み込みました。

マシーンがお店にないとご提供できるメニューも限られますが

どの部分を拘るか?により

お店の方針が変わります。外部を取り巻くステンレスカバーを外すと

マシーンの中身.JPG

複雑に様々な部品で構成されています。

 

人間でいえば血管が詰まって脳梗塞や

心不全、もしくは命を落とすような状況に追い込まれてからでは

どんな抽出技術を用いても

美味しいコーヒーなど出るわけないのです。

 

今回、タオが決断したのは

このマシーンを全部バラバラにして

新品同様にしてしまおうプロジェクトに乗り出しました。

 

先ほど、お見せ致しました白い物体は

配管などに少しずつ蓄積したカルキや

水分中に含まれているコーヒーの抽出には必要ない

成分たちです。

 

日常清掃やメンテナンスを行っているつもりでも

長年、使用していると

どうしても少しずつ蓄積するということになります。

 

ただいま!.jpg

1ヶ月もの入院からエスプレッソマシーンが戻ってまいりました。

今年はハロウィーンのラテアートはしてあげられませんでしたが

それ以上に皆様には素晴らしいカップを提供できると思います。

 

 

熊本最後の1つをGET。

softbankにて行われたキャンペーンの目玉所品。

111.jpg

¥111で体重計が貰えるというサービスを見逃すはずがない!

 

私が行った時は、すでに在庫0でしたが諦めるわけがない!

 

熊本県のグループ店舗に全店調べてもらい

最後の1つをGETできました。

体重計.jpg

 

 

見上げたら〜スーパームーン。

スーパームーン.jpg

ふだんより特に大きく明るい満月、「スーパームーン」となった14日夜は、

九州から関東にかけての広い範囲で天候に恵まれず、多くの地域で月を見ることができませんでした。

15日夜は、大平洋側を中心に、天気は次第に回復しています。国立天文台によりますと、

15日夜の月も、14日夜の月とほとんど変わらない大きさと明るさになるということです。

14日夜は、月と地球がことし1年で最も接近し、

満月の日とも重なってふだんより特に大きく明るい「スーパームーン」となり、

東北や北海道、沖縄県などで観測されました。

国立天文台によりますと、15日午後7時時点の月と地球の距離は、

およそ35万7400キロとなり、14日夜のおよそ35万6500キロと

比べてやや離れるものの、その差は、900キロ程度となっています。

この距離の差により月の見かけの直径が小さくなる度合いは、

わずか0.3%程度だということです。


また、月の形も、15日夜は一部がややかけ始めるものの、

まだまだ満月に近い状態になっています。

こうしたことから、15日夜の月も、14日夜の月と

ほとんど変わらない大きさと明るさになるということです。

 

 

 

 

意外と知らない保存方法。

新鮮な焙煎コーヒー豆の保存について

 

意外と知らないコーヒー豆の正しい保存方法。

 

お手元に届いたコーヒー豆は、

必ず!開封・未開封に関わらず冷暗所で保存してください。

コーヒー豆の鮮度を保つには、

3つの敵を避けてください。

①温度、②湿度、③光

できるだけ余分な空気に触れさせないように

密閉した状態にて冷暗所で保存することです。

開封した袋で保存する場合は口を折り重ね

空気を追い出しクリップや輪ゴムなどで止めて保管してください。

またキャニスターなどのガラスビンなどの密閉容器に

豆を移し小分けに保存するとより理想的です。

粉の状態でコーヒーを保存した場合は

豆のままの状態と比べて風味が飛びやすいので、

保存期間に関わらず冷蔵での保存をおすすめ致します。

 

※豆の状態より粉の状態だと表面積が20倍。

(表面積が大きいほど参加速度も速くなります。)

 

 

 

コーヒー豆は焙煎後からの時間経過と共に少しづつ風味も変化していきます。

コーヒー豆は焙煎直後より大量の炭酸ガスを発生させるため窯から

出した焙煎豆は数時間程度は放置しガス抜きをして落ち着かせます。

その後は常温で3日間ほどすると味がまとまってきて飲み頃が始まります。

賞味期限(風味の持続性)については、実は焙煎の仕方によって変化してきます。

当店のコーヒー豆は風味が長持ちするような焙煎を施しており、

当店では焙煎後3ヶ月を賞味期限としております。

( 実際はそれ以上経過してもすぐに品質に問題は起きません。)

CAFE LA TAOのCOFFEEの場合は、

配送日数を含めてお客様のお手元に届いた頃に

飲み頃が始まるようなイメージを描いて出荷しています。

お手元に届いた時に袋が膨らんでいる場合がありますが

焙煎後のコーヒー豆が発する炭酸ガスですので品質に問題ありません。

袋を軽く抑えるとバルブシールよりガスが抜けます。

CAFE LA TAO のCOFFEEでは、コーヒー豆の理想の保存方法を研究しています。

 

 

 

 

 

ただ、言えることは

どんなに保存方法を研究するより

フレッシュで新鮮なうちに飲みきることを

お勧めいたします。

それは新鮮なコンディションの良いコーヒーに勝る保存方法がないからです。

 

豆の状態であれば焙煎日より3ヶ月。

粉にすると表面積が20倍ですので

ズバリ!5日で飲みきれる量を買われることを

お勧めします。

 

私どもは沢山コーヒー豆を買って頂く研究ではなく

美味しいコーヒー豆を長く買い続けて頂けるように

飲まれる一人一人のお客様に応じた

拘りのコーヒーを提案し続けて参ります。

 

珈琲講座の締め切り迫る。

珈琲講座.jpg

山鹿店で11/23に開催される

「マスターによる美味しい珈琲を淹れる方法」

人数が揃い次第締め切りますので

ご検討されている方には

お早めにエントリーお願いします。

もうそろそろ定員に達します。

エントリーは直接「山鹿店」へお申し込みお願い致します。

0968−44−8558

よろしくお願い致します。

マイナス思考は周りも不幸にする。

心理学から学べる未来がある。


今年もあと2カ月になりました。

1月に「今年こそ!」と思ったことは達成されましたか?

店頭には来年の手帳が並び始めました。

「来年こそ!」と思われたら・・・

 




2016年【11月のリズム】11/7〜
≪M+≫ 転換年−学習月


総合タイトル「大きく成長する月」

行動に慎重さが出てきます。

そのため周囲からの信用や信頼を得られ、

あなたの人間的な成長につながるでしょう。

その証は地位や名誉などの無形の財産として与えられることも多いもの。

また、知識や技術をいかす場面ではさらに大きく飛躍できます。

克服ポイント:感謝の意を表現すること

 

恋愛運タイトル「人を惹きつける月」

あなたの個性が輝き、周囲を魅了するでしょう。

恋の予感もあります。

成就ポイント:自信を持つこと
 

仕事運タイトル「交渉が上手くいく月」

交渉事に力を発揮。

主導権を握って話を優位に進めていきましょう。

加速ポイント:相手の話を聞くこと


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

受け止め方で何にでもなれる???




人によって考え方って違いますよね。


根本的な考え方の違いのある人と

話しても平行線を辿るしかありません。

考え方にプラスアルファされるのが、見方です。

見方、考え方(それを見てどう考えるか?)で

同じものを見ても感じ方が違ってくるようです。




毎月のリズムも同じくです。

「リズムレポート」は、わかりやすく理解できるようにグラフにしています。

グラフは波のように上下している株価指数のグラフに似ています。




そのグラフを見て


良いことと良くないことの波があると思う人

悪いことともっと悪いことの波があると思う人

スゴくいいことと良いことの波があると思う人

がいます。


それこそ、見方・考え方の違いです。




こんなふうに考えられたらいいなと思う話を紹介します。



カナダ全土にある「649」というロトくじ(宝くじ)があります。


毎週、6時49分に発表をするのでその名前がついたそうです。


カナダに住んでいるサラリーマンのAさんとBさんがいました。


Aさんは超がつくほど悲観的

Bさんは超がつくほど前向きな人です。


あまり、ロトくじを買わない超がつくほど悲観的なAさんが


仕事が嫌なことばかり続いていたので、たまには良いこともあるんじゃないかと


1ドルだけロトくじを購入してみました。


すると、大当たり!!

100万ドル(約1億円)を手にしました。
 

その全額で、豪邸を建てたのですが

火事で豪邸が全焼してしまいました。

Aさんは、保険に入っていなかったので

「あー!!俺の100万ドルがぱあになった・・・・・」

と嘆いていると

超前向きなBさんが言いました。

「心配するな、損したのは1ドルだけだから」




見方や考え方一つでどう捉えるかが変わってきます。


偶然や必然といわれるものもそうかもしれません。


こんな話もあります。

【有名なラッキーセブン男の話】


77年7月7日に7男として生れた男が

7年ぶりに7丁目の競馬場に行き

7レースの7番の馬に7万7千777円賭けた。

結果:7着だった。


この偶然、

運が良かったのか?

運が悪かったのか?

 



捉え方次第です。

 

 

 

 

 

 

 

さくら湯リベンジ。

妻に提案され、山鹿店のシフトの前に

山鹿温泉「さくら湯」に家族で行くことにした。

うちの子どもは男の子2人。

今後、妻が連れて行くことを考えると

「男湯使用を教えておいてほしい!」

というものだった。

さくら湯.jpg

これで間違いなく

今後は3人で行けるようになるはずだ。

己に打ち勝つ強い心。

兄さん。と呼びたい。(笑)

従姉妹の紹介で、とある大会社のCEOの講演会に

こないか?と誘われた。

母と一緒に関東に来ていた時だったので

私だけ、都心に向かいました。

講演には間に合いませんでしたが

その講演会に参加されていた方と

素晴らしい出会いがありました。

話しかた、立ち振る舞い、人の話を聞く姿勢。

男が惚れる男とは

このような人を指して言うんだと

一発で惚れてしまいました。

彼が話してくれた話が実に面白いです。

 

まわりを意識しすぎると己を見失う。

ブッタ.JPG

教団の指導者になるためブッタを

殺そうと決めた「ダイバダッタ!」

毒を塗った爪で寝ている

ブッタを引っかこうとしていた

彼は途中で転んで爪をはがし

その傷口から毒が入ってしまいます。

全身に毒がまわり意識がもうろうとする

ダイバダッタがブッタを見つけ

「あんたがにくい」と つぶやくと

ブッタはこう返したのです。



「おまえの敵はおまえ自身なのだ」



社内外のライバル

気の合わない人

苦手な上司・・・・

彼らへの憎しみや怒りにとらわれていると

いつか自分をコントロールできなくなります。


そういったネガティブな感情を克服し

心を整えることのほうが

他人に勝利することより

ずっと優れたことなのです。
 

まわりを過剰に意識するより自分の内面に目を向けること

敵視していいのは「自分の弱い心」だけなのです。

 

 

 

妻にお願いしまくる。

日曜日、最終便の飛行機で熊本に戻ると

妻のいるお店に戻り

一息つくまもなく

妻にお願いをしました。

「もう一度、東京に行かせて欲しい。」

妻も忙しい人なので

私が長く話すと睡眠時間が減ってしまう。

しかし、私の訴えの内容を聞こうと

きちんと向き合ってくれた。

許可が出たので

株主優待券で航空チケットを取得した。

 

妻やスタッフの幸せの為にも、納得するまで

勉強してこようと覚悟で旅立ちました。

 

 

 

よ!二日ぶりだな!横浜。

羽田空港から京急線で横浜。

JRに乗り換えて来ました。

「新横浜駅」

再開発が進んでいますね〜

駅からデッカく見えてます。

「新横浜国際ホテル」

新横浜国際ホテル.jpg

12時半スタートで16時半まで

びっちりと経営学、帝王学

講義は2日間合計13時間すべて

受けれなかったけど

兄さんとも再会できたので良かった良かった。

 

 

 

最後に・・・

ANAラウンジ.jpg

夏ぶりの羽田のANAラウンジ。

上級会員ならではの特典で

何と言っても貸切ラウンジで

心を落ち着かせることが醍醐味だ。

 

行きは呑めるお酒達も

戻りは車の運転しないと

いけない制約からリアルゴールド。

 

可愛い子には旅をさせるのか?

その中でも大大大好きな飛行機の旅を通りて

勉強会のことを思い出しながら

夜景を楽しむのでありました。

夜景.jpg

ドタバタの日帰りの旅でした。

 

私をこんな暖かな気持ちの

キッカケをくれた

従姉妹にも感謝です。

 

 

 

「謎」とは、知らないうちのことを言う。

順調の滑り出しのはずでした。

 

今回、パソコンを触らなかったのが3日間。

アナログな生き方をしておりました。

偏頭痛が2週間ぐらい治らないし

年配者に耳を傾けることで色んなことを

考えさせられる旅にしよう。 と考えた。

 

今回の目的は、数少ない親族の交流会で

私が最年少でしたので

結果、案内役となるわけだ。

 

地震の影響で入れなかった熊本空港ANAラウンジも無事に再開されていて

プレミアム弁当.jpg

プレミアムシートも快適だし、

最高の旅のスタートのはずだったのですが・・・

 

 

 

羽田に着くと同行していた叔父(父の弟)夫婦の

次男さんが空港へ迎えに来てくれました。

いつもはsuicaから準備してあげていたけど

息子さんがいるならと

安心し、先へ進む。横浜を経由して

目的地は叔父(父の兄)の見舞いを兼ねた

親戚の集まりでした。

 

記念にパシャり!

集合写真.jpg

 

施設に入院している叔父。弟の再会に思わず

声を出して名前を呼ぶ姿に感動して

涙するものもありました。

本来なら父にここに同行させてあげたかったな〜

思うのでありました。

叔父.jpg

 

 

 

 

波乱の始まり。

 

叔父(父の弟)家族は息子さんの住む静岡へ移動し

私が生まれ育ち、当時から両親も親しくさせていただいている

友人のお家へ移動。

そう!千葉!!!!!

 

横須賀中央駅から千葉だと関東を遠回りに

ぐる〜と2時間以上かけて

乗り継ぎ乗り継ぎ。

 

そんな移動が大変だと心配してくれた

いとこが武蔵小杉駅まで車で送ってくれた。

 

実にそのまま行けば半分の位置。

 

そう半分の位置だったはずだけど。

 

 

駅のホームで尋ねる。

私「あの〜千葉駅は、このホームで大丈夫ですか?」

駅員「このホームの列車に乗れば千葉だよ!」

 

指をさしていたホームに1分後列車が来ました。

全く疑わなかった私と母は終点までの

電車の旅を快適に過ごすはずでした。

夕方に乗車した列車も景色が見えないくらい

真っ暗になり、夜行列車で上京してきた時の事を思い出しながら

うとうととしていました。

本来なら7時過ぎには千葉へ到着するぐらいの時間帯でしたが

千葉の叔父さんから電話があるまで

私と母は寝てしまっていました。

 

叔父「今、どこの駅らへん?」

 

私「え〜と、次は小山って言っていますけど」

 

叔父「えっ?小山?、和からねぇ〜な〜!千葉には小山駅ってのはないぞ!」

 

鼓膜が破れるほどの大きな声を出したと思ったら

後ろの方で地元の駅長さんと話をしているのが

受話器越しに聞こえてきた。

そして叔父さん更に大声で

 

叔父「オイオイオイ!栃木じゃないか!すぐに降りて、逆の方向に行って!」

 

今考えると、その発言も危険ですが

言われんとすることは分かりましたので

言われるように小山駅で別の列車で東京方面へ向かった。

東京駅から千葉駅、そして浜野駅へ迎えに来ていただき

家に到着したのが0:30。

 

言うまでもなく、全員無言で

その日は1日が終わりました。。。。

 

 

 

 

 

きっといい日になる!

 

変な日は続かない。

 

夜が来たら、また朝が来る。

 

時には都合のいい解釈をしてしまう。

まさかの出来事をしてしまいました。

千葉駅から東京へ。

いざ!

 

 

前日の疲れもあったせいか?

 

偏頭痛が治らないせいか?

 

熊本に帰ったら絶対CTスキャンで脳を見てもらおうと

考えていたら、うとうとしていた。

一度、失敗すると周りが過剰に心配するのだ!

 

叔父「千葉からは総武線に乗れば東京に着くから!

乗り間違えないでね〜!」

 

笑顔で送り出してくれた叔父さんの期待も

虚しく、やってしまいました。

総武本線で逗子方面に乗ったはずが

まさかの銚子方面に行き九十九里沿いの

「八日市場駅」まで寝ていた。

 

東京へ自分だけ出向いていた

理由は、とある講演会で、すごい人に会わせたい!と

いとこから紹介いただけるということでしたので

せっかく上京しているタイミングも何かの縁だと

来たわけですが。講演会が終了してからが

いいので13時半から15時に変更のメールが来ていたので

同じぐらいにはつけたものの

自分に呆れました(笑)

第一線で活躍している経営者の方々と次々とお会いして

刺激を受けました。何かを感じるものがありました。

ギリギリの時間まで有意義な時間を過ごさせていただき

前日と同じ最終列車で浜野駅へ帰りました。

叔父さんのクタクタだね。

2日終了したけど、偏頭痛なおらず。

 

 

 

 

2度あることは3度あっちゃいけないぞ!

 

朝はゆっくりさせていただきました。

多くの方々にサポートをいただき

今回の旅が成り立っております。

周りの皆さん曰く

「睡眠は大事よ!」の言葉のように

たくさん睡眠をとらせていただけたので

久しぶりに偏頭痛は発生していなかった。

久々の感覚だ!自分では気付けなかった。

仕事が面白いからと、集中しすぎていたのだろう。

睡眠がとれていなかったこと。

睡眠をとらないといけない年齢に体がなっていたこと

いろんなことを考えさせられるわけです。

宿泊、連日の送迎。世話になっているお礼を兼ねて提案した。

「昨年と同じ、手打ち蕎麦屋さんに行きたい」

 

ながら長生庵名物。「めんたいとろろそば」

めんたい.png

 

敷地の周り一面に蕎麦やネギの畑、もち米や

様々な食材を自給自足で賄っているようだ。

ソバ畑.jpg

 

食事の後は展望台で茂原市内を一望する。

 

記念撮影。

展望台.jpg

 

展望台に、何回も足を運んでもらおうと工夫がされていた。

 

長生き.jpg

 

なんか、睡眠も取れ

 

偏頭痛も治り

 

お世話になった皆さんに美味しい

 

お蕎麦もご馳走でき

 

展望台で寿命を延ばしたはずだったのですが

まさかの展開が待っていました。

 

 

 

 

五井駅から羽田まで直行のリムジンバスがあるということで

おじさんは最後まで色々調べていただきました。

バスに乗り込もうとしたその時

 

運転手「まさか、飛行機に乗りんじゃありませんよね?」

 

私「はい、乗りますが」

 

正直、羽田に向かう人の中で飛行機に乗らない人って

職員以外に見送りぐらいでしょ?

そのリムジンバスで行く人はほぼ100%

飛行機に乗ると思って不思議な気持ちになった。

 

運転手「いや〜ね、週末の海ほたる、アクアラインは、まずいよ!」

 

渋滞でまったく動かないことに関してのリスクを

丁寧に説明してくれた。

さらに並んでいた別の人が

「今から電車、乗り継いでも間に合わないかもしれませんね」

 

オイオイオイ。

 

運転手「リスクを理解した上で、それでもいい方乗車ください」

アナウンスの声で一か八か私はリムジンバスを選択した。

 

高速に乗ると運転手の予告通り渋滞が続く。

大渋滞.jpg

焦っても、どうしようもない。

 

 

肉眼ではもう少し大きかったが

晴天の夕暮れに富士山が赤く染まっていた。

赤富士.jpg

 

第2ターミナルに着いた頃、搭乗手続き最終案内の

 

出発15分前になっていた。

 

「大好きだ!ANA」

 

「頼むよ!ANA」

 

「お願いだよ!ANA」

 

「帰りたいよ!ANA〜〜〜〜〜〜〜〜い!」

 

心で叫びながらスーパーフライヤーズデスクを尋ねる。

 

すでに18:43。保安検査員に大声で訪ねた。

 

私「18:55熊本OK?」

 

向こうの方で検査員が時計を見て

ジェスチャーで ”×サイン” を出していた。

 

プラチナデスクのお姉さんが声をかけてくれた。

「どこ便ですか?」

 

私「649便、熊本」

 

係員「いつも、ご搭乗ありがとうございます。大丈夫です。間に合わせます」

 

きゃ〜〜〜〜

 

 

ま〜

 

に〜あった!

 

大好きだぜ!ANA。

 

いつもこんな風にダメちゃんな私を助けてくれる

愛して止まないANAに感動をいただいた。

 

まぁ普通に早めにくれば

ラウンジで快適な時間を過ごせていたのですがね。

 

反省です。77歳の母を走らせたのも反省ですね。

 

帰りの飛行機では

ANAのおもちゃを貰ったよ!

おもちゃ.jpg

 

2度あることは3度あるという言葉は

 

2度目に3度目を起こさないように

 

試みたのだろうか?

 

いやな予感がした程度で

 

3度目をしてしまった、そんな言葉じゃなかったに違いない。

 

今回の失敗で多くのことを学ぶこともできた。

 

関東近郊の路線図や方角。

 

駅員も関東に住んでいても

 

知らないことがあるってことに

 

気づいていないところ。

 

様々な思いを胸に謎を謎で終わらせたくない

 

気持ちでこみ上げてくる。

 

 

 

 

それらを知れた時に

 

本当に「謎」などという言葉で物事を解決に

 

導こうとするか?

 

明日、再度東京へ出向き

 

学んでこようと思う。

 

 

経営者セミナー「帝王学の勧め」

スタッフ一人ひとりの幸せを心から

願えて実現できる強い指導者でありたい。

 

私は夢半ばでございます。

 

文化の日の引率。

初日のスケジュール。

タオカフェ6:50に集合。

久々の熊本空港ANAラウンジ〜からの8:35発の飛行機で羽田へ。

4人でプレミアムシート。なんと贅沢な旅。

10:05に羽田。

羽田から横浜。

横浜から横須賀。

横須賀から千葉、そして浜野、五井。

 

2日目のスケジュール。

昼過ぎに私だけ移動。

五井から東京大井町。

数時間を過ごして

とんぼ返り。

 

3日のスケジュール。

五井から羽田。

羽田のラウンジを全員で味わえるのは至福の時だ。

熊本に戻るとその後、シフトです。

祭日、週末にも関わらず

スタッフ様、奥様、申し訳ない。

 

ワクワクしていこう!

まず、昨年の集合写真でも。

2015横須賀.jpg

昨年も行った父の弟さん夫妻と母を連れて

父の兄さんのところへ行く。

ま〜た、母の若き頃の話を聞かされるのであろう。

それも恒例行事になりそうだけど

おじさま、おばさまには

私たちが結婚した時に詩吟を披露してくれた

お世話になっているお方。

 

その娘さんの上司の方が世界中を飛び回っているらしいが

丁度、日本に帰国されている期間ということもあり

会談することになった。

どうしよう!世界的な投資家で

僕に出資してスター◯ックスを追い抜こうという

話だったら。(笑)前向きな話だろうから楽しみにしておこう。

 

ご存知な方もおられると思いますが

千葉は、私の生まれた地です。

今回も千葉での滞在は当時から

隣近所として近しくさせていただいている

第3の両親。数少ない生きている母の友人でもある。

 

母と2人暮らしし始めて

早いもので丁度1年経ちます。

いろいろあったけど。

母と旅できるのも

あと何回だろうと思いながらも

楽しんでこようと思います。

 

それにしても、今回の旅は殆どが移動。

年寄りの勝手に応えるべく

頑張ってまいります。(笑)

 

 

コジカと平井堅。

売り切れが続出しているようです。

他社の話になりますが

熊本に美味しい「お弁当屋さん」があります。

金額が安いことから

外回りの営業マンや引退後の人たちも毎日のように

通っている「ヒライ」。

 

新システムということで

チャージ式のポイントカードになるようです。

その名も「コジカ」。

コジカ.jpg

しかし、まだ間に合うのであれば

私が長年愛用してきたクーポン券を買いだめすることを

お勧めする。

来年の1/31までは発行手数料¥200かかるところを

今なら無料で作ることはできるものの

「お得さ」が半端なく悪い。

今までの買物券は3000円で300円分余分に特典が付いていたので

相当お得でした。なので私は言うまでもなく

たくさん買いだめしています(笑)

平井堅.jpg

買いだめする前のものだが

31冊目ですね。3冊買ったので

しばらくは楽しめそうです。

皆さまも「ヒライ券」を探しまくれ!