ホーム>名物マスターのマシンガントークブログ>マシンガントーク>月に一度の作戦会議。Washed or Natural
マシンガントーク

月に一度の作戦会議。Washed or Natural

ミーティング.jpg

 

いざ、作戦会議〜

毎月、行っているスタッフミーティング。

お客様の「楽しい」を演出する作戦会議。

11月も仲間との協力が必要不可欠となるわけです。

少人数で、たくさんの企画、イベント、モバイル出店と

大変ではありますが、頑張って乗り切ってまいります。

引き続き新メンバー募集しておりますので

身の回りでコーヒーの専門家になりたい

有志さんご紹介くださ〜い。

 

水洗式(ウォッシュト)と非水洗式(ナチュラル)

 

コーヒー豆は、産地の農園にてコーヒーの実を収穫後

精製(サクランボでいえば、種の部分がコーヒー豆。その周りの果肉の部分などを取り除く)

乾燥を行い生豆として日本のような消費国に輸出されます。





コーヒーの精製法には大きく2タイプあり、水洗式(ウォッシュト)か

非水洗式(ナチュラル)に分けられます。

(※マンデリンのような中間の『パルプドナチュラル』というものもあります。ここでは割愛します。)




現在、コーヒーの多くはウォッシュト製法で、ウォッシュトはスッキリとしたクリアー感が特徴。

対してナチュラルは醗酵したような濃厚感が特徴です。産地の農園にて、同じコーヒーの実を元に、

ウォッシュトとナチュラルの両方が作られることもあります。

※対比(ウォッシュト7:ナチュラル3)


当店の代表作でしたら


ウォッシュト – 『モカ イルガチャフ G-1 コチャレ ウォッシュド

ナチュラル – 『ダテーラ Sweet Blue

 

ナチュラルは原始的な精製法ですが、昨今では研究がより進み、

ウォッシュトに負けないようなクリアーさを達成しながら、

ナチュラルらしい完熟ボディーを合わせ持つものも出てきました。

 

 

 


 

元は同じ豆でも精製法の違いで風味も異なってきます。

どのように違ってくるのか・・・少しでも

興味が沸いてきたという方は

当店スタッフに尋ねてみるのもいいでしょう。

 

ストレートやブレンド、ローストの違い、ウォッシュトかナチュラルかの精製法の違いなど

選択肢が多いのが面白いと感じてくれたお客様

ひょっとして「コーヒー通」なのかもしれませんね。(笑)

 

極上の馬刺しをお持ちしたい。

新マシュマロ豊永氏.jpg

 

久々、師匠のコーヒーが飲みたくなりました。

よし!師匠に会いに行こう。(笑)

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.tao.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/44